妊娠初期は車酔いしやすい!妊婦におすすめの車酔い対策は?
32,435views

妊娠初期は車酔いしやすい!妊婦におすすめの車酔い対策は?

妊娠初期は車酔いしやすくなると言われています。妊娠前から車酔いしやすい人はもちろん、妊娠前は車酔いを一切しなかった人でも妊娠によって体が変化することがあります。妊娠初期はつわりで辛い時期なので、車酔いはなるべく避けたいですよね。そんな人必見!効果的な車酔い対策を集めました。

妊娠初期の車酔い

車酔いの症状

妊娠初期の車酔い

車酔いの症状として、吐き気・嘔吐・動悸・頭痛・顔面蒼白などが挙げられます。元々車酔いしやすい体質の人は、妊娠するとこれらの症状が更に悪化する可能性が高いと言われています。そのため、車酔いしやすい体質の人は妊娠したらなるべく車に乗らないことが望ましいでしょう。

妊娠初期は車酔いしやすいため、なるべく車での移動は避けるのが無難です。しかし、仕事や買い物、妊婦健診など様々な場面で車を必要とするため、車に一切乗らない生活は難しい人も多いでしょう。また、車だけでなく電車やバスなどの乗り物でも症状が表れやすくなります。

妊娠初期は車酔いしやすいのはなぜ?

妊娠初期に車酔いしやすい原因として、自律神経が関係しています。もともと自律神経が乱れがちな人は車酔いしやすいと言われているように、自律神経と車酔いには大きな関係性があります。妊娠すると自律神経が乱れやすくなるため、車酔いしやすくなるのです。

妊娠初期は車酔いしやすいのはなぜか

妊娠初期の車酔いには、臭いも関係しています。妊娠初期はつわりの影響で臭いに敏感になります。車には独特の車内の臭いや排気ガスの臭い、染み付いたタバコの臭いがあります。これらの臭いが刺激となりつわりの症状が悪化してしまいます。
また、電車やバスなど大人数が同乗する乗り物の場合、周囲の人の臭いで乗り物酔いすることも十分に考えられます。

もうひとつの理由として、不安感が挙げられます。妊娠初期はつわりの影響で吐き気や嘔吐の症状が表れます。車に乗ることでこれらの症状が悪化するのではないか…。車の中で嘔吐してしまったらどうしよう…。このような不安感がより車酔いを悪化させてしまいます。

妊娠初期の車酔い対策

NGな車酔い対策

一般的な車酔い対策として、梅干しや柑橘類などの酸っぱい食べ物を食べることが挙げられます。しかし、この方法は車酔いしてからでは逆効果となります。酸っぱい食べ物は胃の働きを活発にする効果があり、吐き気が悪化する可能性が高いのです。

妊娠初期の車酔い対策としてNGなのが、酔い止めや吐き気止めの薬の服用です。酔い止めや吐き気止めの薬が胎児にどんな影響を与えるかは、はっきりと分かっていないのが現状です。

そのため、自己判断で市販の薬を服用することは絶対に避けましょう。薬を服用する場合は、必ずかかりつけの産婦人科医に相談してください。

効果的な車酔い対策

妊娠初期の効果的な車酔い対策

妊娠初期に関わらず、車酔い対策として最も効果的と言われているのが寝ることです。寝ることが出来なくても、目をつぶっているだけで車酔いを軽減することができます。また、おしゃべりを楽しむのも効果的な対策です。おしゃべりに夢中になっていれば車酔いしないという人もたくさんいます。

車に乗る際には、なるべく締め付けのない服装を心がけましょう。特に胸元やお腹周りがゆったりとしたシルエットのものを選んでください。なるべくストレスのない服装になることで、車酔いを軽減することができます。

車に乗る前に空腹を満たしておくことも大切です。特に、妊娠初期は空腹が原因でつわりの症状が表れることもあります。空腹での乗車は絶対に避けましょう。

前述したように、妊娠していると酔い止めの薬を服用することができません。そんな時に活躍するのが、乗り物酔いバンドです。手首に付けるだけですので、妊娠中も安心して使用できます。乗り物酔いバンドがお守り代わりとなり、安心して車に乗れる人も多いはずです。

~たとえばこんなオススメ商品~

☆☆ハグラビ☆☆

生まれる前から差がつく!?お腹の赤ちゃんにもママにも重要な栄養素があるって知ってた?
赤ちゃんの学習力や成長に、DHA・EPAをママのフィルターを通して摂取!

今なら期間限定特別キャンペーン中⇒
hg001

 

PR