緊急のものとそうでないものがある妊娠初期の下腹部痛と出血、その区別の仕方を知っておこう
139views

緊急のものとそうでないものがある妊娠初期の下腹部痛と出血、その区別の仕方を知っておこう

妊娠がわかってから下腹部痛や出血があるととても心配してしまいますよね。しかし、妊娠初期の下腹部痛と出血は必ずしもすぐさま受診する必要があるとは限りません。痛みや出血の状態によっては安静にして様子を見ることもあります。気になる妊娠初期の下腹部痛と出血の対処法について調べてみました。

赤ちゃんが無事に成長することを願っているのはどのママでも同じことです。それだけに妊娠初期の下腹部痛と出血はとても心配させられてしまいますよね。

下腹部痛や出血が起こる原因はいろいろあります。その原因・程度によっては安静にしておけば良い、というものからすぐに病院に行く必要があるものまであります。もしもの時に備えてぜひ知っておきたい妊娠初期の下腹部痛と出血について調べてみました。

妊娠初期の下腹部痛について

妊娠初期の下腹部痛

妊娠初期の下腹痛はそれほど珍しいものでもないようで、ちょっとした痛みを感じたことがある妊婦さんも少なくありません。

正常な妊娠の場合でも下腹部痛が起こることはある

痛みがあるからといって、何かトラブルが起きているとは限らないようです。何らかの原因で一時的に下腹部に痛みが起こっていることも多いです。
まずは痛みの内容をチェックしましょう。

引っ張られるような痛みだったり収縮するような痛みなら日々大きくなっていく子宮が周囲を圧迫してしまうために起こっている痛みの可能性があります。同様の理由で、足の付け根が突っ張った感じで痛む、といったこともあります。
生理痛にも似たチクチクとするような痛みや、下腹部が鈍いような感覚がしているときなどは特に心配する必要はありません。

このような痛みの場合はひとまず安静にして様子をみていても大丈夫です。ただし、安静にしていても痛みが収まらないときや出血を伴う場合には1度受診しておきましょう。

正常な妊娠でも下腹部痛がある

また、お腹が痛む場所によっては妊娠とは直接関係ない箇所が原因で起こっている痛みの可能性もあります。
一方で、歩くどころか立つこともできないような痛みがあるときは要注意です。すぐさま病院に連絡して医師の診察を受けましょう。夜間や休日の場合は救急で受診、です。

私自身は妊娠初期に腹痛を感じた記憶がありません。妊娠後期に入ってから腹痛を感じて心配になってお世話になっている産科に連絡したら便秘を指摘されて、その後、お通じがあったら痛みも収まってしまった、なんて経験はあります。当時も落ち着いてからさんざん旦那にからかわれてしまいました。今となっては良い思い出?です。でも、もし初期に痛みがあってもきっとすごく心配したと思います。

妊娠初期の出血について

出血がある場合もとても心配になってしまいますね。

妊娠に関係する出血と関係しない出血がある!?

妊娠初期の出血

妊娠初期の出血には妊娠に関係するものとそうではないものがあります。しかし、今現在起こっている出血がどちらによるものなのかを判断することができないので、出血の程度から適切な対応を判断する必要があります。

下着に微量の血液が付着する程度といったような少量の出血であればまず心配はありません。
また、子宮頚管にできているポリープやびらんが原因の場合の出血もまったく問題ありません。
おりものに若干血液が混ざっていて、出血とも言えなさそうな程度の場合も心配ありません。

出血した際の色に注目!

出血した際は、その血液の色にも注目しましょう。血液の色によっては大至急受診が必要な場合もあります。
茶色っぽいまたは黒っぽい出血の場合は心配ありません。体へ負担をかけないように安静にすることでそのほとんどが収まるはずです。

私も妊娠初期に出血があり、ひどく心配したことがあります。出かけていた時で、すぐに病院に行こうにも行くことができず、電話で相談しましたが指示されたのは「安静にして様子を見る」ということだけでした。後からよくよく考えてみれば、直前に受けた検診の内診で、がん検診だったか何かで組織を採取したと先生が言っていたような気がします。
つまり、検診時の内診が原因の出血の可能性が高かったというわけです。後から考えればこれも笑い話ですが、当時は本当に不安な思いをしました。

PR