妊娠初期にカフェインを避ける理由!何杯まで飲んでもOK?
203views

妊娠初期にカフェインを避ける理由!何杯まで飲んでもOK?

妊娠初期にカフェインを避けたほうが良いといわれますが、その理由は何なのでしょうか?その疑問を解決する内容の紹介と、もし我慢できないときには1日何杯までなら飲んでも良いかを解説しています。カフェインを含む食品も多くありますから、1日の制限についても知っておきましょう。

妊娠初期にカフェインを避ける理由とは?

妊娠初期にカフェイン

妊娠中にカフェインを制限したほうがよいのは、母体にとっては少量でも、胎児にとっては大量となることがあるからです。胎内の赤ちゃんはまだ内臓が未完成で、カフェインが適切に分解できず、影響を強く受けてしまう可能性があります。そのことから胎児へのカフェイン中毒、血流阻害による成長不良などの影響を考え、妊娠中はできるだけ避けるのが好ましいとされています。

・ 生まれてきた子どもが落ち着き無い
・ 低体重で生まれてきた

などの影響が考えられています。実際には因果関係は明確にされてはいないものの、内臓が未発達な胎児には作用が強すぎるのは明らかですから、量を制限するのは良いことでしょう。

1杯もコーヒーを飲んだらダメ?

妊娠初期にカフェインは1杯もダメ?

妊娠中にはコーヒーを1杯でも飲んではダメということではありません。胎児への影響を考え、できるだけ減らしましょうということです。もし妊婦さんがリラックスのためにコーヒーが欠かせないというなら、健全な妊娠生活を送るためにも1杯くらいなら許容範囲です。その際にはブラックではなく、カフェオレにしてみたりコーヒー豆の種類でカフェインを押さえる方法もあります。1日の許容量は300mgまでで、最大3杯くらいまでは影響が少ないといわれてます。

コーヒーだけじゃない!注意したいカフェイン

カフェインが含まれているのはコーヒーだけではありません。カフェインの量は玉露は180mg、ドリップコーヒーは100mgです。ほかにもココア・栄養ドリンク・コーラ・抹茶・紅茶・緑茶・ほうじ茶などにもカフェインは含まれています。カフェインがまったく含まれていない飲み物を利用したいなら、麦茶・ハーブティ・タンポポ茶・杜仲茶・ルイボスティーなどがおすすめです。
また注意したいのが市販の缶コーヒーです。500mlの飲み物で200mgの量を超える商品もあります。妊婦さんは市販のコーヒー飲料はミルクが入っているタイプでも、摂取量については注意してください。外出時にはノンカフェインの飲み物を持ち歩くと良いでしょう。

カフェインを減らすための工夫

妊娠初期にカフェインを減らす方法

 

カフェインは妊娠中に避けたほうが良いとはわかっていても、急に止めると頭痛やイライラなど禁断症状が出てしまいます。妊娠中はできれば鎮痛薬も飲まないほうが良いため、急に止めるのではなく徐々に減らすようにしてください。具体的には次のような対策方法があります。

・ 少しずつ飲む量を減らす
・ カフェインの少ないコーヒーに切り替える
・ コーヒー以外のカフェイン含有食品を止める

どうしても1日1杯や2杯のコーヒーを飲みたいなら無理に止める必要はありません。その代わり、カフェインが含まれているほかのドリンク・食品を止めましょう。カフェインが少ない豆は、専門店に行けば手に入ります。1日の上限を超えないよう上手く調節してみてください。

カフェイン依存を抜け出すのは母体にも嬉しい

カフェイン依存から抜け出すことは、胎児への影響が少なくなるばかりでなく、母体にも良い効果があります。1日数杯飲む方は、妊娠を良い機会とし摂取量を減らしてみてはどうでしょうか。胃痛が改善する、ミネラルが吸収しやすく貧血対策になる、睡眠障害が治る、自律神経が整うなどの効果を感じられます。更に女性の場合はメラニンができにくくシミの予防、冷え症の改善など嬉しい効果もあるため是非実行してみてください。

PR