妊婦の大半が感じている妊娠初期の下腹部痛は何故起こるの?尋常ではない痛みの時は病院へ!
99views

妊婦の大半が感じている妊娠初期の下腹部痛は何故起こるの?尋常ではない痛みの時は病院へ!

妊娠初期の下腹部痛は生理が来たときと同じような痛みがします。痛みの原因は妊娠したことによって子宮が大きくなろうと準備をするために、前段階として子宮が収縮するからです。また妊娠したことによってホルモンのバランスが崩れ下腹部に痛みを感じやすくなっているからです。

妊娠初期の下腹部痛は月経時の痛みと似ています

妊娠初期の下腹部痛

妊娠初期の下腹部痛はまるで月経のときに感じる痛みとよく似ているため、月経前かな?と勘違いされがちです。本人もまだ妊娠したことに気づいていないことも多いのです。下腹部痛の他にも妊娠の兆候を感じたら、まず市販の妊娠検査薬で調べてみましょう。

何故、妊娠初期の下腹部痛が起こるの?

妊娠初期の下腹部痛が起こる原因は、妊娠したことによってホルモンのバランスが変わってしまうことにあります。妊娠したことによって新たに生まれたホルモンは、生理痛をよく似た痛みを引き起こしているのです。また赤ちゃんをこれから育てる準備をするために子宮もその準備をスタートさせていきます。その初期段階として一度子宮が収縮をし、大きくなろうとする力が働き、下腹部に痛みが走るのです。

下腹部痛の他にもこんな症状があります

妊娠初期には、下腹部痛の他にも、なんとなく身体がだるくて重いような感じになります。おりものの量が増えたり、胸が張ったり、トイレが近くなることもあります。

ヒト絨毛性ゴナドトロピンが影響をしています

下腹部痛などの原因は、ヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンが引き起こしています。このホルモンが赤ちゃんを迎えるための準備をおこなっているからです。

妊娠初期に下腹部痛を感じたら、とにかく休みましょう

妊娠初期の下腹部痛の対策

下腹部痛の痛みの程度には個人差があります。チクチクと一時的に痛みを感じたり、一日中痛みを感じる方などさまざまです。妊娠初期の時期は、ちょっとしたことで流産しやすい時期でもあるため、痛みを感じたら、無理をせずに休むことが肝心です。

妊娠初期の下腹部痛!こんな痛みには要注意!

妊娠初期の下腹部痛は、横になって休むとだんだんおさまってくるものですが、激しい痛みがあるときには、すぐに産婦人科を受診してください。何らかの異常があるかもしれません。

お腹が張るような痛みがずっと続く場合

お腹が張る痛みが長時間続くのであれば、流産の可能性や子宮筋腫、卵巣のう腫などの可能性も考えられます。流産の場合は痛みがだんだん強くなっていきます。妊娠初期は転んだり、お腹を強くぶつけたりするなど、なんらかの衝撃があると流産しやすい時期でもあります。

受精卵が着床した場所に問題があることも!

妊娠初期の下腹部痛の原因として多いのが、受精卵の着床した場所が子宮以外の場所にあった場合です。子宮外妊娠で多いのが卵管に受精卵が着床してしまった場合です。この場合は残念ながら赤ちゃんをあきらめなくてはなりません。

妊娠が判明したら、病院で診てもらいましょう。

妊娠検査薬で妊娠発覚後はすぐ検査をする

妊娠したかもしれないと思った時、多くの方がドラックストアなどで妊娠検査薬を購入し、まずは自分で確かめてみるのではないでしょうか。
妊娠検査薬で陽性反応がでたら、できるだけ早く病院で調べてもらいましょう。その理由は、正常妊娠かどうかも診てもらう必要があるからです。ほとんどの場合は正常妊娠であることの方が多いのですが、残念ながら子宮以外の場所に着床してしまったり、なんらかの異常が発見されることもあります。
早めに処置を受けることによって身体へのダメージも小さく抑えることができます。卵管に着床した場合、妊娠したことに気づかずそのまま放置しておくと卵管破裂を起こし、かなりの痛みを伴う場合もあります。

PR