便秘が辛いって相談したら妊娠初期にラキソベロンという薬を処方された!これって飲んでも大丈夫なの?
1,173views

便秘が辛いって相談したら妊娠初期にラキソベロンという薬を処方された!これって飲んでも大丈夫なの?

妊娠したら便秘に苦しむようになってしまった・・・という女性は意外と多いです。どうやっても解消できないときは医師に相談すると便秘を改善するための薬を処方してくれます。妊娠初期にラキソベロンという薬が処方されることが多いのですが、妊娠中だけにいつも以上に気になる薬の効果・副作用について調べてみました。

「ラキソベロン」ってなに?

「ラキソベロン」は薬品名です

薬品ラキソベロンとは

「ラキソベロン」は帝人ファーマ株式会社というところが製造元になっている薬で、主に便秘を解消するために使われます。
この薬を飲むと大腸が刺激されて腸の動きを良くする手助けをしてくれます。その結果、便秘の解消に効果があるというわけです。
効果は高いのですが、ただ飲み続けているとクセになってしまう可能性が高いお薬のひとつです。
また、便秘はその原因によりタイプが様々あります。ラキソベロンの効果が期待できるのは腸の動きが鈍くなってしまったために起こってしまった便秘の場合です。

妊娠初期にラキソベロンを処方されたけど大丈夫?

妊娠がわかってから便秘に悩まされてラキソベロンを処方されたことがある妊婦さんもいるかと思います。
妊娠中はそうでなくてもお薬の影響は気になるところですが、特に赤ちゃんの体の中でも重要な部分が作られている時期の妊娠初期にラキソベロンなんてお薬を処方されたけど飲んで大丈夫かな?と思ってしまいますよね。実際、どうなのでしょうか?

妊婦さんに処方されることが多い

ラキソベロンの処方対象
ラキソベロンは即効性が高いのに副作用が比較的少ないとされているため妊婦さんにはよく処方されているお薬です。
副作用が少ないと言われているので、妊婦さんだけではなく子供や高齢者にも処方されることがあります。

妊娠中は大きくなっていくお腹の影響で、徐々に苦しいなと感じることも増えていきます。そこに更に便秘の苦しみまで加わってしまってはマタニティライフを楽しむどころではありませんよね。もちろん、最初から薬に頼るのもどうかと思いますが、他の改善方法を試してもどうにもならないときは妊婦さんでも使える薬に頼ることも必要です。

お母さんがストレスを感じ続けているのは赤ちゃんにとっても決していいことではありません。もし便秘が気になるようであれば、妊婦検診などで早めに相談してみましょう。

ラキソベロンの副作用にはどんなものがあるの?

ラキソベロンの副作用

いくら副作用が少ないといっても、ないわけではありません。どんな副作用が起こる可能性があるのか気になりますよね。

腹痛・下痢

薬で腸を動かして便を排出するためのお薬なので、飲むとお腹がゴロゴロしてしまったり、腹痛が起こったりすることがあります。場合によっては下痢をしてしまう人もいるんだとか。

吐き気

ラキソベロンを飲んで吐き気をもよおしてしまうこともあります。処方された際に指示された量では効果がないからと自分の判断で量を増やして飲んでしまっている場合もあります。そういった場合はすぐに元の量に戻すことで症状はおさまると思われます。
どちらの副作用も体にとって薬が多かった場合に起こるもののようです。いくらラキソベロンが妊婦さんにも飲める優しい薬だからといって飲み過ぎはよくありません。指示された分量は必ず守るようにしましょう。

ラキソベロンは量が調節しやすいということから液体の状態で処方されることも多いです。人によって、適量が違うので医師からはどのくらいの量から飲み始めるのか、上限はどれくらいかという指示を受けて後は自分で調整する、とういこともあるようです。薬を飲んだ後にこのような症状がある場合は、飲んだ薬が多すぎた可能性が考えられるので、量を増減して自分にとっての適量を見つける必要があります。

他の妊婦さんはラキソベロンとどう付き合ってる?

実際にラキソベロンを処方されたことがある妊婦さんは飲み方に何か工夫をしたりしていたのでしょうか?

まずは医師の指示通りの分量から始める

ラキソベロンの使用方法
これが大前提の話ですよね。妊娠中は特別な時期です。いくらラキソベロンが妊婦さんにも処方されるからといって自分で勝手に購入して飲むようなことは避けましょう。必ず医師の診断を受けて、受けた指示の通りに飲み始めてくださいね。
液体のラキソベロンを処方された人は、医師の指示通りの分量だと腹痛や吐き気が強く出てしまったので、1度思い切って飲む量を減らしておいて、そこから徐々に増やして自分に合った分量を探していった、という人もいます。

どうしても便秘が辛くて薬を処方してもらうときは、薬が効きすぎて逆に辛いと感じてしまったときの対処法なども含めて相談しておくといいかもしれません。
とはいえ、薬に頼るのは本当にどうにもならないときだけにしておきたいものです。まずは、食生活の改善などからはじめるようにしましょう。

PR