妊娠初期にルル服用って大丈夫!?知っておきたい!妊娠初期の薬と胎児の影響について
4,050views

妊娠初期にルル服用って大丈夫!?知っておきたい!妊娠初期の薬と胎児の影響について

妊娠がまだ分かっていないとき、それとも妊娠していてもそういう知識がなくて・・・妊娠初期にルル服用していた場合、胎児に影響があるのでしょうか?説明書には妊婦の使用は控えるようにって書いているけど、知らずに服用していた場合って何か悪影響があるのかと心配になりますね。一般的な薬と妊娠についてまとめました。

妊娠と薬について

妊娠と薬

多くの妊婦さんが心配している薬と妊娠について。確かに、一般的な薬のほとんどの使用上の注意のところに「妊娠中は使用しないで下さい」という文言が書かれています。
そのために、妊娠を知らないで飲んでしまってから妊娠に気が付いた、あるいは妊娠初期で全く知識がない時に使用してしまったなどといった妊婦さんが、服用してしまい、胎児に影響があるのではないかと心配してしまうケースがほとんどになります。

一般的な薬と胎児の影響

結論から言いますと、妊娠中に一般的なドラッグストアやコンビニエンスストアで市販されている薬が妊娠中の胎児に影響があるのかと言われれば、ほぼ影響はありません。妊娠初期にルル服用をしたとか、ちょっと調子が悪いから栄養ドリンクと飲んだからといって、それが直接の起因となって、流産あるいは、奇形児にさせるということはまずないといって良いでしょう。

では、なぜ控えるべきと書かれているのでしょうか?

妊娠中は、薬を服用した、していないにかかわらず、様々なリスクを含んでいます。実際にまるっきり影響がないからと言っても、流産になってしまった場合、あるいは奇形児が生まれてしまった場合など、妊婦さんにとっては、「あの薬が問題だったのでは!?」というイメージがないとも限りません。
こういうケースの場合、一般的な薬としてはかなり悪いイメージをもたれてしまう可能性があります。会社の戦略と言うと聞こえが悪いのですが、こういったダメージを回避するためにも、少しでもリスクを負わないように「妊娠中は薬を服用しないようにしましょう」という方向で指示されている場合が多いのが現状です。

それなら服用しても大丈夫!?

妊娠中の薬の服用

服用した一般的な薬が起因して、赤ちゃんが流産してしまったり、奇形児になってしまったということは、ほぼないと言われています。しかしながら、妊娠中にお薬を常用するということはあまり好ましい環境ではありません。実際に、薬の成分の中には、へその緒を通じて赤ちゃんに必要な栄養素が送られてきています。
服用した薬は、血液に入って体の中をめぐります。赤ちゃんに害がないからといって、赤ちゃんにとって必要でない栄養素をわざわざ送りこむ必要はありませんよね。お腹の中にいる赤ちゃんの成長において、良いとされる栄養素を与えてあげるのが、ママが赤ちゃんに出来ることではないでしょうか。

赤ちゃんの成長にとって良い環境にしてあげよう

妊娠中の薬の服用胎児への影響

風邪や痛みなどで薬が必要になった場合は、出来る限り通っている産婦人科で相談することが望ましいでしょう。もしかしたら、妊娠が原因で頭痛があったりすることもあります。勝手に自分自身で判断するよりも、きちんと医師に診断してもらい、妊婦さんでも服用出来る薬を処方される方が良いでしょう。
薬は効果的ではありますが、服用しなくても良いこともあります。その分、体調管理を含めて、生活態度を見直すなどで体調の改善が図れる可能性もあります。知らずに飲んでしまった場合は仕方ないですが、出来る限り服用しない方が良いでしょう。薬の中には体を冷やしてしまう効果があったりするものあるので、使用することは気をつけた方が良いです。

PR