妊娠初期にピンク色のおりもの!これって危険な状態のサイン?
55,565views

妊娠初期にピンク色のおりもの!これって危険な状態のサイン?

妊娠初期にピンク色のおりものが出た経験がある人は少なくありません。しかし、通常おりものは白や半透明の色をしています。ピンク色になるという事は、出血が混ざっている証拠です。では、妊娠初期のピンク色のおりものは、どんなことを表しているのでしょうか?

妊娠によるおりものの変化

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

妊娠すると体内で様々な変化が起こりますが、おりものも変化します。妊娠すると、女性の体内では女性ホルモンが多く分泌されます。その影響から、おりものの量が増えることが多いようです。

通常、おりものは子宮にばい菌が侵入するのを防ぐ役割をしています。しかし、妊娠すると子宮内が酸性からアルカリ性へと変わります。その影響で、ばい菌が子宮内に侵入しやすくなってしまいます。

このようなことから、妊娠初期は感染症などに掛かりやすい状態と言われています。妊娠初期の感染症を防ぐためには、性器周辺を常に清潔な状態にしておくことが大切です。おりものシートやナプキンを活用するのがオススメですが、ナプキンを使用する際には蒸れにも十分注意しなければなりません。

妊娠初期は、少しの変化でも悩みの種になります。もちろん、おりものの変化によって不安に感じる人も少なくありません。

しかし、デリケートな悩みですので人には相談できないという人も多いようです。そのため、妊娠時のおりものの正常な変化と異常のサインを頭に入れておくことが大切です。

まず、妊娠時の正常なおりものの変化についてです。色は、透明、もしくは白っぽい半透明が正常です。妊娠初期はサラサラとしたおりものが出るという特徴があります。臭いはほぼ無臭と言われています。

このように正常なおりものの状態を知っていれば、異変があった時に早めに気付くことができます。

こんなおりものは異常のサインかも!

続いて、異常のサインと考えられるおりものについてです。妊娠初期にピンク色のおりものが出ることがあります。これは、何らかの異常のサインと言えます。

前述したように、おりもの色は透明や白が正常です。正常な状態でピンク色のおりものが出ることはありません。ピンク色は、おりものに出血が混ざっている状態なのです。

9047d9782d29380e2033e07fdf829b29_s

妊娠初期にピンク色のおりものが出た場合、考えられるのは流産や切迫流産です。流産の場合、出血は更に増して下腹部痛も伴います。そのため、早い段階で病院へ行くことをお勧めします。

また、切迫流産も危険な状態です。赤ちゃんの心拍が確認されれば妊娠を続けることはできますが、絶対安静にして過ごさなければなりません。いずれにしても、早急な医師の診察が必要な状態と言えるでしょう。

ただし、妊娠初期にピンク色のおりものが出たからといって、必ずしも流産に結びつくとは言い切れません。ピンク色のおりものの原因は他にも考えられます。

1つは、子宮と胎盤の成長速度が合っていない場合です。妊娠に伴い、子宮や胎盤は徐々に大きくなっていきます。しかし、これらの成長速度にはバラつきがあります。この成長速度がずれてしまった場合、出血が見られる可能性があります。

057070

もう1つは、検診による刺激です。妊娠中の膣内や子宮はとってもデリケートな状態です。少しの刺激で出血してしまうことも珍しくありません。そのため、検診時の内診の刺激で出血し、おりものがピンク色になることもあります。

これら2つの理由からピンク色のおりものが出ている場合は、特に心配はいりません。しかし、自己判断はとても危険です。万が一妊娠初期にピンク色のおりものが出たら、落ち着いて産婦人科に連絡しましょう。

PR