妊娠初期に飛行機に乗る影響について!飛行機に乗る際の注意点
441views

妊娠初期に飛行機に乗る影響について!飛行機に乗る際の注意点

妊娠初期に飛行機に乗る影響が気になっている人も多いのではないでしょうか。妊娠初期はなるべく飛行機の利用を控えるべきという事は多くの人が知っているかと思います。しかし、里帰りなどでやむを得ず飛行機を利用しなければならない場面もあります。そんな時は、どんなことに注意すべきなのでしょうか?

妊娠初期の飛行機

妊娠初期の飛行機

妊娠初期に飛行機に乗る影響について不安に思う人も多いかも知れませんが、やはり多くの産婦人科ではなるべく避けるべきと言われています。このように妊娠初期に飛行機に乗ることがお勧めされていないのは、どのような理由からでしょうか?

多くの人が妊娠初期に飛行機に乗る影響として、放射線の被ばくを挙げます。確かに、飛行機に乗ることによって通常より多くの放射線を浴びることになります。しかし、放射線が悪影響を与えるかについては、現在のところはっきりとした結論は出ていません。産婦人科医が妊娠初期に飛行機に乗ることを勧めないのは、放射線だけが理由ではありません。

妊娠初期はまだまだ不安定

まず、その理由として妊娠初期はまだまだ不安定な状態であることが挙げられます。妊娠初期は、下腹部痛や出血といったトラブルが最も多い時期です。実際に、流産のほとんどはこの妊娠初期に起こっています。飛行機に乗っている際に万が一のことがあったら、どうしても対応が遅れてしまいます。このようなことを避けるために、飛行機に乗るのは控えるべきと言われています。

妊娠初期に飛行機に乗らない理由

妊娠初期はつわりがあることからも飛行機はお勧めできません。妊娠初期は、辛いつわりの真っただ中です。ましてや、飛行機での乗り物酔いがつわりの症状を悪化させる危険性が高いのです。そのため、できることならつわりが治まった安定期以降に予定を変更したいものです。

エコノミークラス症候群

飛行機に長時間乗っていると、エコノミークラス症候群が心配されます。原因は、長時間同じ姿勢で居ることです。飛行機では、エコノミークラス症候群の症状が表れる人も少なくありません。万が一妊婦さんが発症してしまうと、赤ちゃんへの影響が心配されます。

妊娠に気づかずに飛行機に乗ってしまったが、何の問題もなかったという人も中には居ます。しかし、妊娠が発覚してからの飛行機の利用は避けることが無難でしょう。みんなが大丈夫だから私も大丈夫という考え方ではなく、トラブルを未然に防ぐことが大切です。後から後悔しないためにも、妊娠初期の飛行機の利用はよく考えるべきです。

やむを得ず妊娠初期に飛行機に乗る場合は?

妊娠初期に飛行機に乗るための条件

妊娠が発覚したら、旅行の予定はキャンセルすることが望ましいと言われています。仕事の都合で飛行機を利用する場合も、上司に報告して理解してもらうことが大切です。しかし、やむを得ず飛行機を利用しなければならない場面もあるかと思います。そんな時は、どのようなことに注意して飛行機を利用すれば良いのでしょうか?

座席の条件と必需品

座席の予約をする際には、トイレが近いこと、通路側であることが条件になります。妊娠初期はつわりの影響からトイレを頻繁に利用することも珍しくありません。また、エコノミークラス症候群を予防するためにこまめに体を動かすことが大切です。このような時に周囲の人に迷惑が掛からないよう、通路側の席を予約しましょう。可能であれば、バルクヘッド席がお勧めです。席が広く、ゆったりと過ごせるのでストレスも感じにくくなるでしょう。

持ち物として忘れてはいけないのが、母子手帳とエチケット袋です。母子手帳は、万が一のトラブルの際に大変役に立ちます。飛行機に乗る時はもちろんですが、妊娠中の外出時には必ず持ち歩くように心がけましょう。

PR