妊娠初期のストレスに注意!妊娠初期はストレスが溜まりやすい
566views

妊娠初期のストレスに注意!妊娠初期はストレスが溜まりやすい

妊娠初期のストレスは、多くの人が感じたことがあるようです。妊娠初期は様々な変化に体が対応しきれず、大きなストレスを感じることが増えます。しかし、このようなストレスはお腹の赤ちゃんにも影響を与えてしまうのです。では、妊娠初期のストレスが溜まりやすい具体的な原因とは?

妊娠初期はストレスを感じやすい

妊娠初期はストレスを感じやすい

妊娠初期は、ホルモンバランスが乱れることによって感情が不安定になってしまいます。特に、イライラや不満な気持ちを強く感じる人が多いようです。これはつわりの症状で、妊娠初期には珍しいことではありません。では、妊娠初期は具体的にどんなことがストレスの原因になるのでしょうか?

まず、最も大きいのが体調の変化でしょう。妊娠初期は、多くの人がつわりで苦しみます。これまで普通に出来ていた家事も仕事も出来なくなってしまいます。周囲に迷惑を掛けることも多くなってしまうため、ストレスになってしまうのです。しかし、これは妊娠したら当たり前のことなのです。妊娠したら、遠慮せずに周囲に甘えることも大切なことです。

妊娠初期の生活環境の変化もストレス要因

妊娠初期の生活環境の変化もストレス要因

環境の変化も妊娠初期のストレスの原因です。妊娠すると、環境がこれまでとは大きく変わります。特に、妊娠がきっかけで結婚する場合は、妊娠初期に旦那さんとの新生活を始めることになります。このような環境の変化は、妊婦にとって精神的にも肉体的にも大きな負担になります。旦那さんがサポートしてくれれば乗り切ることはできますが、旦那さんの理解が足りないと更にストレスが増えてしまいます。妊娠初期の体の変化は、女性にしか理解することができません。そのため、旦那さんからの心無い一言に傷つくことも多いようです。

妊娠初期のストレスの原因として、我慢も挙げられます。妊娠すると、我慢することが多くなります。特に妊娠初期は我慢に慣れていないため、ストレスも溜まりやすいと言えるでしょう。妊娠によって我慢することと言えば、喫煙や飲酒です。女性でも、喫煙や飲酒でストレスを発散している人は少なくありません。このような人は、妊娠初期に禁煙・禁酒のストレスを強く感じてしまいます。

また、多くの女性にとっての我慢と言えば、ファッションです。妊娠すると、これまでのようにファッションを楽しむことができなくなります。例えば、冷えを予防するために露出した服装は避ける・ヒールを避け、ペタンコ靴やスニーカーを履くなどです。このような我慢は、オシャレな女性にとっては少々辛いかも知れませんね。しかし、最近ではオシャレなマタニティウェアも増えています。妊娠中は、妊娠中にしか楽しめないファッションを思う存分楽しみましょう。

妊娠初期のストレスは胎児に影響する?

妊娠初期はストレスが溜まりやすいのですが、心配なのが胎児への影響です。妊娠中は、ストレスによって胎児が栄養不足になってしまうことがあるのです。そのため、なるべくストレスを溜めないように心がけることが大切と言えるでしょう。

妊娠初期のストレスは胎児に影響する

妊娠初期のストレスは、切迫流産の原因にもなり兼ねません。切迫流産とは、流産の一歩手前の危険な状態です。胎児の心音が確認できれば妊娠を継続できるケースもありますが、絶対安静が必要になります。このように、ストレスは妊婦の体と胎児に大きな悪影響を与えてしまうのです。

ストレスを解消するためには、まずは考え方を変える必要があります。完璧主義の人は、妊娠したことによってこれまでのように動けないのがもどかしく感じるかも知れません。しかし、妊娠したらほとんどのことが出来なくなって当然です。頑張りすぎず、妊婦だからしょうがないと割り切って考えてみましょう。

PR