妊娠初期のお腹の張りの原因は?お腹の張りは赤ちゃんからのサインかも知れません
243views

妊娠初期のお腹の張りの原因は?お腹の張りは赤ちゃんからのサインかも知れません

妊娠初期のお腹の張りは、多くの妊婦さんが経験しているようです。妊娠初期のお腹の張りは、決して珍しいことではありません。では、どんなことが原因として考えられるのでしょうか?妊娠初期は、危険な張りとそうでない張りに分けられます。

妊娠初期はお腹が張りやすい

妊娠初期のお腹の張り

妊娠初期は、体に様々な変化が表れます。そのうちの1つが、お腹の張りです。妊娠中はお腹の張りを感じることが多いのですが、中でも特に妊娠初期のお腹の張りは多くの人が経験しているようです。妊娠初期のお腹の張りは危険な状態のサインなのでは?と不安に思ってしまいますよね。しかし、妊娠初期にお腹が張ったからといって必ずしも危険な状態ではありません。

妊娠初期のお腹の張りで最も多いのが、生理的なものです。妊娠初期は、どんどん子宮が大きくなっていきます。それに伴い、靭帯が伸びることがあります。また、大きくなった子宮によって周辺組織が圧迫されることもあります。このような生理的なお腹の張りは、特に心配はいりません。妊娠すると起こる、当たり前の症状と言えるでしょう。

妊娠初期のお腹の張りの原因として、便秘も考えられます。妊娠初期は体の変化によって便秘になることも少なくありません。このように便秘によるお腹の張りも特に心配する必要はありません。ただし、妊娠初期の便秘は放置すると体に悪影響を及ぼしてしまいます。そのため、便秘は早めの改善を心がけましょう。

妊娠初期のお腹の張りの原因

次に、産婦人科で診察を受けるべきお腹の張りです。まず、妊娠初期の特に心配されているのが、流産です。流産では、お腹の張りと下腹部痛を感じます。出血も見られます。この場合は早急に産婦人科を受診しましょう。切迫流産の場合、胎児の心拍が確認できれば妊娠を継続することが可能です。

危険なお腹の張りとして、子宮外妊娠も考えられます。子宮外妊娠とは子宮以外の場所に受精卵が着床してしまうことで、主に卵管に着床することが多いようです。このような場合、残念ながら妊娠を継続することはできなくなってしまいます。放置すると卵管が破裂する危険性が高くなるため、早めに対処しなければなりません。

その他の原因として、子宮筋腫・卵巣嚢腫・頸管無力症・胞状奇胎が考えられます。子宮筋腫とは、子宮内に良性の腫瘍ができる病気です。妊娠をきっかけに、腫瘍が大きくなることもあるようです。治療は出産後に行うため、妊娠中は経過観察となります。

卵巣嚢腫は、お腹の張り以外にもチクチクとした下腹部痛を感じます。症状が酷い場合は手術による治療が必要になります。同じく、頸管無力症も手術が必要になるケースがあります。お腹の張りと出血が長く続く場合は、胞状奇胎が疑われます。
このように、妊娠中のお腹の張りには様々な原因があります。必ずしも危険な張りではありませんが、不安ならば産婦人科で診察を受けましょう。

危険なお腹の張りの見分け方

妊娠初期のお腹危険な張りの見分け

危険なお腹の張りとそうでないお腹の張りについて説明しましたが、実際にお腹の張りで危険かどうかを判断することはできません。万が一妊娠初期にお腹の張りを感じたら、危険かどうかをどのように見分ければ良いのでしょうか?

お腹の張りを感じたら、まずは横になって休みましょう。30分から1時間程度でお腹の張りが治まる場合は、すぐに産婦人科へ行く必要はありません。しかし、休んでもお腹の張りが治まらない場合や、下腹部痛や出血が伴う場合には産婦人科へ連絡をしましょう。また、例え30分から1時間程度で治まるお腹の張りでも、次の健診時には医師に相談すると良いでしょう。

PR