「赤ちゃんの分まで食べなさい!」はもう古い!とっても大切な妊娠初期の体重管理!
153views

「赤ちゃんの分まで食べなさい!」はもう古い!とっても大切な妊娠初期の体重管理!

妊娠初期の体重管理は妊婦自身にとってもお腹の中の赤ちゃんにとっても大切なものです。しかし、赤ちゃんの分の重さまでかんがえなければいけないし、日々変わっていく体重を管理するのは大変なことです。最低限知っておきたい体重管理についての基礎知識や多くの妊婦さんが抱える疑問点などについてまとめてみました!

妊娠初期の体重はどのように変化していくの!?

妊娠初期には赤ちゃんがぐんぐん成長しています!

020395

妊娠初期のお腹の中の赤ちゃんは体のあらゆる器官を作っています。妊娠中に一番妊婦が気を使わなければいけない時期で、この時期の体重管理はとても大切です。お腹の中でどんどん大きくなる赤ちゃんに合わせて生活をしていく必要があります。

妊娠初期の適切な体重変化とは??

体重増加の基本としては、妊娠初期には体重をあまり増やさずに、中期に3~4kg、後期に4~5kgを目安に体重管理をしていくと良いとされています。一気に増やすのではなく、一週間に500g以下を目安にします。赤ちゃんが成長しているのに、体重の増加は少なくて大丈夫なのか心配になる方もいると思いますが、妊娠初期はつわりなどもあり、なかなか食生活が安定しない時期でもあります。赤ちゃんと自分の体に合わせて医師とこまめに相談をしながら管理をしてくださいね。

妊娠したら太るのは当たり前?太ると危険?

赤ちゃんの分までたくさん食べなければいけないという話はもう古いんです!

妊娠すると赤ちゃんのためにもたくさん食べなきゃと思う方が多いと思います。しかし、これはもう古い話で、あまりにも食べ過ぎると逆に赤ちゃんに悪影響が及ぶことが言われています。少しはカロリーを多めにとっても良いですが、張り切りすぎると、太ってしまいます。しかも妊娠中は女性ホルモンの働きが活発になっており、太りやすい体になっています。では、太りすぎるといったいどのような悪影響が赤ちゃんに及んでしまうのでしょうか?
太ってしまうと、妊娠高血圧症候群や、妊娠糖尿病などの怖い病気にかかりやすくなります。また、子宮が脂肪によって圧迫され、赤ちゃんが大きくなりたくてもなれないということがあったり、逆に巨大児になってしまい出産のリスクを高めることに繋がります。赤ちゃんの命だけでなく、妊婦さん自身の命にもかかわってきます。

もちろん痩せすぎも危険です!!

太りすぎがだめなら、もちろん痩せすぎも駄目です!赤ちゃんに栄養が行き渡らず、早産や未熟児のリスクが高まってしまったり、赤ちゃんに栄養が取られて妊婦さんが倒れてしまったりなどの危険性があります。また、太りすぎたからと言ってダイエットや激しい運動で痩せようとするのも駄目です!医師にきちんと相談するようにしましょう。

上手に体重管理をするためにはどうしたらいいの?

体重管理を上手く行うコツとは・・!?

463c82e681d1a23fc62dc63827f5a1fb_s

つわりや妊娠中の体調の変化などで、完璧に適切な体重管理をすることはなかなかできるものではありません。しかし、元気な赤ちゃんを産んであげるためには体重管理をできる限り上手く行う必要があります。誰でもできる簡単なコツをご紹介します!
体重管理で最も大切なのは測る時間です。基礎体温と同じで毎日同じ時間に測ることが大切です。一番ベストな時間帯としては、朝食前です。一番体そのものの重さを測れる時間です。また、食事について考えることも大切です。ノートやメモ帳を買って、毎日の食事の内容をすべて記録します。自分の食べたものを客観的にみることによって食生活の改善につながります。

PR