妊娠初期の不安について!不安を解消するにはこんな方法が効果的です
202views

妊娠初期の不安について!不安を解消するにはこんな方法が効果的です

妊娠初期の不安と言えば、真っ先に流産を思い浮かべますよね。また、流産以外にも妊娠初期は様々な不安があります。そんな妊娠初期の不安を解消するためには、どんな方法が効果的なのでしょうか?妊娠初期はデリケートな時期ですので、なるべく不安を溜めないようにしたいですね。

妊娠初期の不安

妊娠初期の不安

妊娠初期の不安と言えば、まず多くの人が考えるのが流産です。流産は決して珍しいことではなく、約15%の確率で起こると言われています。心拍が確認されれば流産の危険性は低くなりますが、それでも0とは言えません。このように、妊娠初期は常に流産の不安が付きまとうものです。

流産の兆候として表れるのが、下腹部痛や出血です。流産の場合、出血の色は鮮血で、出血量も多くなります。このような症状がある場合には、早急に産婦人科で診察を受けましょう。必ずしも流産とは言えませんが、可能性は高いと言えるでしょう。
妊娠初期の出血=流産というイメージがありますが、全ての出血が流産という訳ではありません。出血で不安な気持ちになるのは当然ですが、妊娠に影響のない出血も多くあります。とは言え、やはり妊娠初期の出血は不安なものです。そのため、少しでも不安に感じたら早めに産婦人科に連絡しましょう。不安な気持ちをいつまでも引きずらないよう、医師に確認を取ることが大切です。

妊娠初期の不安つわりの症状

妊娠初期の不安の種になりやすいのが、つわりです。妊娠初期は約80%と多くの人がつわりに苦しめられます。症状は人によって様々ですが、酷い人は入院が必要になることもあります。つわりの症状で多いのは吐き気や嘔吐です。この場合、食事が満足に出来なくなってしまいます。そのため、お腹の赤ちゃんが栄養不足になってしまうのでは?と不安になってしまいます。また、この辛いつわりはいつまで続くの?という不安な気持ちもありますよね。
つわり中は、どうしても栄養が偏ってしまいます。しかし、妊娠初期の赤ちゃんへの影響はそれほど心配する必要はありません。また、妊娠初期のつわりは多くの人が安定期頃までに治まります。赤ちゃんが成長している証拠だと思って、辛いつわりを乗り越えましょう。妊娠初期のつわりは、気持ちが落ち込むと悪化しやすくなってしまいます。そのため、不安を解消してなるべく前向きな気持ちで過ごしましょう。
妊娠初期は、今後の生活に関する不安もあります。旦那さんや仕事に対する不安を感じる人も多いかも知れません。特に、妊娠がきっかけで結婚が決まった場合、生活環境は大きく変わります。このように、妊娠初期の不安は人によって様々なのです。

妊娠初期の不安を解消するためには?

妊娠初期の不安を解消するために、まず大切なのは生活習慣を整えることです。妊娠初期はどうしても疲れやすくなってしまいます。そのため、不安を解消するためにはゆっくりと休むことが大切です。また、不安になるようなことは控えるのが望ましいでしょう。例えば、飲酒や喫煙、激しい運動、市販薬の服用などです。あとから赤ちゃんへの影響が不安になるため、妊娠初期はこれらのことは避けましょう。

妊娠初期の不安を解消

自分の信頼している人に悩みを聞いてもらうのも効果的な不安解消法です。友達や家族、旦那さんなどに思い切って悩みを相談してみましょう。妊娠による体の変化や胎児の不安であれば、先輩ママに相談するのもオススメです。不安な気持ちを誰かに聞いてもらうだけで、きっとスッキリした気持ちになりますよ。
妊娠中のあらゆる不安を解消してくれるのが、産婦人科です。とくに初妊婦は戸惑うことばかりですよね。そんな時は、産婦人科で相談することをオススメします。このようにして、妊娠初期の不安を解消しましょう。

PR