妊娠初期のガス抜き方法&ガスを溜めない方法
51views

妊娠初期のガス抜き方法&ガスを溜めない方法

妊娠初期は、ガスが溜まりやすくなります。お腹がパンパンになってしまって苦しいですよね。少しでもラクになるよう、こちらでは妊娠初期のガス抜き方法についてご説明します。そもそもガスを溜めない方法もお話ししますので、参考にしてください。

妊娠初期のガス抜き方法&ガスを溜めない方法

妊娠初期には、お腹にガスが溜まりやすく、腹痛になることがよくあります。

妊娠初期は、高温期が続いていて熱っぽかったりつわりがひどかったりして、なかなか思うように動けませんし、流産の心配もあるため、安静にしている女性が多いですよね。

そうすると、運動不足になりがちで、それが便秘を引き起こしたりします。こちらでは、妊娠初期のガス抜き方法についてご説明しますので、お腹がはって苦しいという妊婦さんは、参考にしてください。

妊娠初期の腹痛の正体と原因

妊娠初期に腹痛・・・大丈夫?

妊娠初期に腹痛・・・大丈夫?

妊娠初期にお腹が痛くなることがあります。あれっ、お腹の赤ちゃん大丈夫かな?と心配になりますよね。妊娠初期の腹痛はガスが溜まることが主な原因です。まれに、子宮の収縮が原因でお腹が張って痛いと感じることがありますが、この場合にはしばらく横になって静かにしていれば治ります。

しかし、ガスが溜まって腹痛を起こしている場合には、ガスが抜けないと治まりませんので、そこが見分けるポイントになります。

妊娠初期にガスが溜まる・・・原因は?

妊娠初期は黄体ホルモンが分泌されて、流産にならないよう骨盤周りの筋肉が緩みます。そうすると胃腸周辺の筋肉も緩むため便秘になり、ガスが溜まります。

また、妊娠初期はつわりが激しい時です。小食になる人もいれば、食べづわりでいつも何か口に入れていないと気持ち悪くなる、というケースもあります。

どちらにしても、少量を頻回に食べるような形になるため、都度空気も飲み込んでしまい、ガスが溜まりやすくなるという理由も考えられます。黄体ホルモンが分泌されている期間は体温が高く、のどが渇きやすいです。飲み物と一緒に空気を飲んでいるというケースもあるでしょう。

妊娠初期のガス抜き方法

食べ物で便秘を解消

食べ物で便秘を解消

便秘でガスが溜まっている人は、便秘を解消しましょう。妊娠初期の場合は、食べ物で便秘を改善するのがおすすめです。

便秘改善に最適な食べ物と言えば、水溶性と不溶性の食物繊維が含まれたものになります。水溶性と言えばりんごやみかん、海藻類などがあります。不溶性と言えば、ごぼうやたけのこ、えのきやしらたきなどが当てはまります。両者をバランスよく摂取すると快便につながります。

オリーブオイルやオリゴ糖、はちみつもおすすめです。いつも使っている油や砂糖をこういったものに変えてみましょう。スムーズな排便につながります。

乳酸菌入りの食べ物もおすすめです。ヨーグルトやキムチ、納豆やザーサイ、味噌や醤油を摂りましょう。キムチと納豆は合うので、両者をよく混ぜて食べてもいいと思います。また、できれば食後に食べてください。胃液で乳酸菌が死滅しないよう、薄まっている食後が最適です。

腸のマッサージでガス抜き

腸のマッサージでガス抜き

腸をマッサージすることでガス抜きができます。

リラックスしている時がベストなので、入浴後や就寝前がおすすめです。

①仰向けになります。
②身体の右半身を下にします。
③左の手をお腹にそっと当てます。
④お腹の上から下方へ時計回りにさすってマッサージをします。
⑤④を深呼吸しながら5~10分繰り返します。

そもそもガスを溜めないことも大切です。肉類や動物性脂肪は大腸で分解される際にガスを発生させます。カロリーも高いため、妊娠中はほどほどにした方が良いでしょう。

早食いも、食べながら空気を飲み込みがちになります。消化も悪くなるので、よく噛んでゆっくり食べるようにしましょう。

PR