妊娠初期のダイエットは危険!妊娠中の肥満予防について
590views

妊娠初期のダイエットは危険!妊娠中の肥満予防について

妊娠初期のダイエットを行う妊婦さんが居るようですが、これは絶対にオススメできません。妊娠すると体重が大幅に増加してしまいます。このような体重増加をなるべく防ぎたいと、妊娠初期からダイエットを行う人が増えているのです。しかし、妊娠中はダイエットではなく肥満予防が大切です。

妊娠による体重増加

妊娠初期のダイエットは危険?妊娠初期の体重管理

妊娠すると、体重は増加するのが当たり前です。妊娠中の体重増加の目安は、7kgから12kg程度と言われています。ただし、元々肥満体型の人は5kg程度の体重増加が望ましいようです。これ以上太りすぎてしまうと、妊娠中に病気になってしまう可能性が高まります。また、お腹の赤ちゃんにも悪影響ですし、出産するのも大変になってしまうのです。このようなことから、妊娠中は体重管理をしっかりと行わなければなりません。
妊娠すると、体重増加によって体型は大きく変わってしまいます。特に元々痩せている人にとって、自分の体型の変化は抵抗があるかも知れません。このようなことから、妊娠初期にダイエットを行う人も居るようです。では、妊娠初期のダイエットは体にどのような影響があるのでしょうか?

妊娠初期のダイエット

妊娠中の大幅な体重増加を防ぐために、妊娠初期からダイエットを行う人が居ます。しかし、妊娠初期のダイエットは母体やお腹の赤ちゃんに大きな負担をかけてしまいます。そのため、無理なダイエットは絶対に行ってはいけません。具体的に、どんな悪影響が考えられるのでしょうか?

妊娠初期のダイエットで激しい運動は流産の危険性

妊娠初期の激しい運動は流産につながる可能性あり

ダイエットと言えば、運動を思い浮かべる人も多いでしょう。ただし、妊娠初期はなるべく運動を控え、安静に過ごすことが大切です。妊娠初期は、子宮内で胎盤が完全に形成されていないためとても不安定な状態なのです。この時期に激しい運動をしてしまうと、流産の恐れが心配されます。

妊娠初期の食事制限は赤ちゃんの栄養不足に

ダイエットの中でも多くの人が行っているのが食事制限です。しかし、妊娠中の食事制限は絶対にNGです。特に妊娠初期はお腹の中の赤ちゃんの大切な体を作っている時期です。この時期にママが食事制限をしてしまうと、お腹の赤ちゃんが栄養不足になってしまうのです。これでは、十分に発育することができなくなってしまいます。また、食事制限をすることで母体にも貧血や体調不良などの症状が表れます。

妊娠初期のダイエットサプリは危険な可能性あり

妊娠初期のダイエットでもう1つ心配されているのが、ダイエットサプリです。ダイエットサプリも妊娠中には望ましくありません。理由としては、サプリの安全性が確かではないためです。ダイエットサプリは、当然ながら妊婦のことを考えて作られたものではありません。妊娠中にサプリを飲むことによって、何らかの影響が出ることも否定できないのです。そのため、妊娠前に飲んでいたサプリを妊娠発覚後も飲み続けることは絶対に避けて下さい。

このように、妊娠中、特に妊娠初期のダイエットは母体にもお腹の赤ちゃんにも悪影響があることが分かります。妊娠中は、赤ちゃんとママの健康が最も大切です。どんどん体重が増加することにショックを受ける人も多いかと思いますが、妊娠中のダイエットは避けましょう。

妊娠中の食事管理

妊娠初期のダイエットは危険だが体重管理は必要

前述したように、妊娠初期のダイエットは望ましくありません。しかし、元々肥満体型の場合は医師の指示で妊娠初期からダイエットを行う必要があります。この時に大切なのは、あくまでも医師の指示に従って行うことです。自分自身の判断でダイエットをしてはいけません。

妊娠初期のダイエットとして効果的なのが、食事管理です。ただし、食事管理は食事制限とは別物です。妊娠中に必要な栄養素はしっかりと摂取しましょう。食事管理において重要なのが、カロリーを抑えることです。塩分・糖分を控えめにし、味付けは薄味が基本です。また、揚げる・焼くなどの調理法と比較すると、茹でる・蒸すなどの調理法はカロリーを抑えることができます。このように工夫してカロリーを摂取し過ぎないよう注意しましょう。

PR