妊娠2ヶ月赤ちゃんの成長とママの身体の変化 つわりはどんな感じ?妊娠2か月で気を付けることは?
321views

妊娠2ヶ月赤ちゃんの成長とママの身体の変化 つわりはどんな感じ?妊娠2か月で気を付けることは?

妊娠2か月というと、もしかして妊娠したかも!?と気づき始める方もいる時期。妊娠2ヶ月赤ちゃんの成長とママの身体の変化はどのようなものなのでしょうか?つわりの症状は出てくるのかどうか、またお腹の赤ちゃんの重さや身長、妊娠2か月の時に気を付けることなどをご紹介しましょう。

妊娠2ヶ月赤ちゃんの成長とママの身体の変化を知ろう

赤ちゃんを希望している方の中には、妊娠1か月頃には検査をして妊娠したことを知り、ワクワクしながら妊娠2か月を迎える方も多いのではないでしょうか?おなかの赤ちゃんの大きさがどのくらいなのかということや、つわりはいつまで続くのかなど、気になることがたくさんありますよね。妊娠2ヶ月赤ちゃんの成長とママの身体の変化を詳しくご紹介しましょう。

妊娠2か月お腹の赤ちゃんの様子

妊娠2か月の赤ちゃん

妊娠2か月の赤ちゃんは、身長4cm、体重1.4g程度。大きさはちょうどピンポン玉くらいです。妊娠1か月の頃はグリーンピースの粒ように小さかったのですが、一か月経過して、身長は約4倍も成長しました。
小さな小さな赤ちゃんですが、内臓の原型はほとんど完成しており、心臓も4つの区切りがついて動いています。手足の指もくっきりとしてきています。
妊娠2か月のころは、まだ赤ちゃんの性別を知ることはできません。赤ちゃんができると、名前を考えると思うのですが、妊娠2か月ではまだ男女がわからないため、両方考えながら、幸せなマタニティ生活をスタートさせましょう♪

【妊娠週別赤ちゃんの様子】

~妊娠4週目~
妊娠4週目は胚葉や心臓管がつくられる時期です。また、胎盤がだんだんとできてくるため、赤ちゃんは今後、ママからの栄養を胎盤から吸収するようになります。

~妊娠5週目~
エコー写真をみると、黒い胎嚢が確認できます。胎嚢の中に卵黄嚢があり、胎盤がしっかりと完成するまでは、おなかの赤ちゃんは卵黄嚢から栄養をもらいます。

~妊娠6週目~
赤ちゃんの心臓の動きがエコー時に確認できます。エコー時に、小さく心臓が脈打つ様子を見ると、とても感動しますよ。

~妊娠7週目~
頭と胴体の2頭身になり、脳や脊髄の8割程度が形成されます。この時期から羊水がだんだんとできてきます。

妊娠2か月のママの体の変化

妊娠2か月になると、ママの体はホルモンの影響を受けて色々な変化をします。妊娠2か月のママの心の変化、体の変化についてみていきましょう。

【心の変化】

妊娠2か月の心の変化

妊娠2か月のママは、小さなことで落ち込んだり、一つのことに妙にこだわったりと、いつもよりも少し神経質になってしまいます。お子さんがいる場合は、ママに赤ちゃんができたことを心がキャッチし、いつもより甘えん坊になったり、ぐずぐずがひどくなることも。そんな状態のわが子にちょっとイライラしてしまうかもしれません。喜怒哀楽が激しくなる時期なので、心の変化についていけないときは、ソファでゆっくりくつろぐことも大切です。

【体の変化】

妊娠2か月の体の変化

つわりでムカムカしたり、気分が悪くなったり。妊娠2か月はつわりが一番激しい時期。吐き気や眠気がおそってきます。妊娠2か月はしっかりと休息をとることが大切です。
また、つわりがピークを迎えること以外にも、体には様々な変化があります。まず、おっぱいが変化してきます。女性ホルモンの影響で乳腺が発達し、これから迎える赤ちゃんの母乳を準備し始めます。おっぱいがワンカップくらい大きくなったように感じるでしょう。さらに、子宮も赤ちゃんが大きくなるにつれて成長するため、下腹部がつっぱるような感じを受けます。また、便秘が始まったり、肌が乾燥するという体の変化が起きる方もいらしゃいます。

妊娠2か月の注意点

妊娠2か月は、おなかの赤ちゃんがまだ安定しない時期なので、毎日の生活の中で気を付けなければならないことがあります。
まず、水分をしっかりととることです。妊娠中は、体内の血液量が4~5割程度増えます。水分を補給して、鉄分やビタミンなどを意識してとりましょう。
妊娠4~7週目の時期は、器官の形成がされるときなので、薬の服用をしないことが大切です。

PR