眠ることができないつらい妊娠初期の不眠 妊娠初期の不眠の原因と対処法を教えて!
214views

眠ることができないつらい妊娠初期の不眠 妊娠初期の不眠の原因と対処法を教えて!

妊娠初期の不眠で悩むママさんたちは多いようです。眠ることができないつらい不眠症状。どうして妊娠初期には不眠が起こるのでしょうか?その原因と、眠りにつくための対処法についてご紹介しましょう。妊娠初期の不眠で悩んでいる妊婦さんは参考にしてみてください。

妊娠初期の不眠はどうして起こるの?

眠ることができないつらい妊娠初期の不眠

妊娠初期の不眠で悩みを抱えている妊婦さんはけっこういらっしゃいます。眠りたいのに、寝ることができなくてつらい不眠の症状はなぜやってくるのでしょうか?まずは、妊娠初期の不眠の原因からさぐってみましょう。

妊娠初期の不眠原因【女性ホルモン】

妊娠初期の眠れない原因の1つに女性ホルモンがあります。妊娠中は、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが増加します。妊娠初期の不眠には、このプロゲステロンが関係しています。
この女性ホルモンが多量に分泌されることによって、眠気を感じるようになります。妊娠初期に不眠で悩む妊婦さんもいらっしゃいますが、いつも眠たいという妊婦さんもいるのです。

では、なぜ不眠の妊婦さんがいるのか、それはこの女性ホルモンは、眠気以外にも、頭痛や吐き気、イライラを引き起こすからです。気分がすぐれないと眠ることができません。女性ホルモンによって引き起こされた様々な不快感が妊娠初期の不眠をもたらします。

妊娠初期の不眠原因【精神的な不安】眠ることができないつらい妊娠初期の不眠の原因

妊娠初期の不眠原因の一つに、精神的な不安があります。妊娠をすると、赤ちゃんができたという喜びもありますが、つわりなどで体調がすぐれないため、この先大丈夫かなという精神的な不安におそわれることがあります。無性に寂しくなったり、泣きたくなったりと、情緒不安定になるのも妊娠初期の特徴です。精神的に不安になることで、不眠になる方もいらっしゃいます。

妊娠初期の不眠原因【妊娠初期の頻尿】

妊娠初期の不眠原因に、頻尿があります。頻尿は妊娠初期と妊娠後期によく起こります。その理由は、妊娠をすることで腎臓機能が活発になり、普段よりも尿が出やすくなるからです。頻尿になると、夜に何度もトイレに起きなければならないため、ぐっすりと眠ることができません。

妊娠初期の不眠の対処法

眠ることができないつらい妊娠初期の不眠の対処法

妊娠初期の不眠をなんとかするために、どのような方法があるのかをご紹介します。ぐっずりと眠るための方法をみてみましょう。

妊娠初期の不眠はこうやって対処しよう

妊娠初期の不眠原因は様々ですが、眠りやすくするための対処方法を3つご紹介しましょう。

【適度な運動をしよう】

夜に眠りやすくするためには、睡眠前に身体をあたためておくことが大切です。軽い運動をしてみましょう。ただ、妊娠初期なので腹筋を使うような運動はよくありません。手足に血液が流れやすいように、手足のストレッチ運動をするとよいでしょう。手足の指先が冷たいと眠りにくいですが、ぽかぽか温まってくると、寝やすくなりますよ。

【身体をあたためる飲み物をのもう】

眠ることができないつらい妊娠初期の不眠改善の飲み物

寝る前に、ホットドリンクやスープを飲むことで、身体の内側からあたためましょう。妊娠中のため、コーヒーや紅茶などカフェインが含まれているものは、なるべく避けることが大切。ホットミルクにはちみつを加えると、ほっこりできるので、心をリラックスする効果も期待できそうですよ。

【外からの刺激を遮断しよう】

寝る前にスマホやパソコンなどを見ることはやめましょう。脳が刺激されて眠りづらくなります。また、電気を暗くし、外からの光を遮断することが大切です。

PR