妊娠初期の胃痛の原因は黄体ホルモンの仕業だった!胃痛がするのはわずかな時期だけなので心配ありません。

妊娠初期の胃痛は妊娠によって黄体ホルモンの分泌量が大量に増えたことによって起こります。黄体ホルモンによって胃の入り口が緩んでしまうため、胃酸が逆流をし、胃痛がします。一過性のものなので、心配することはありません。食事が取れないときには、ヨーグルトや牛乳を飲んでみるとよいでしょう。胃痛も和らぎますよ。

妊娠初期の胃痛の原因は?

妊娠初期の胃痛の原因

妊娠初期の胃痛の原因は、妊娠したことによって女性ホルモンのバランスが崩れたことが原因です。着床後、身体の中では黄体ホルモンの分泌が始まり、日ごとに量を増していきます。そのことが原因となり妊娠初期に胃痛を感じやすくなってしまうのです。

黄体ホルモンが胃酸が逆流させていた!

黄体ホルモンには、子宮を大きく広げる役目があります。妊娠すると、赤ちゃんがお腹の中で大きくなっていくための準備として、黄体ホルモンの分泌量をどんどん増やしていきます。すると、子宮だけではなく、他の身体の筋肉の部分にも影響が出てくるため、胃の入り口もゆるんでしまい、なんと胃酸が逆流してしまい、胃が痛くなってしまうのです。胃痛を和らげる方法は今のところはありませんが、一時的なものなので、この時期を乗り越えるしか方法は今のところありません。

妊娠初期の胃痛対策方法とは?

妊娠初期の胃痛で、食事を取るのが取りづらくなることもあります。そんなときは、味付けの薄いあっさりとした和食に切り替えましょう。脂っこい食事は、胃痛を酷くする原因となります。またインスタント食品やスナック菓子なども、この時期は控えておきましょう。またよく咀嚼して食べるようにすると、胃への負担を少しでも減らすことができます。

ヨーグルトを食べましょう

妊娠初期の胃痛にはヨーグルト

ヨーグルトには胃をやさしくまもってくれる乳酸菌が含まれています。またヨーグルトを食べると、胃酸を薄めてくれる働きがあります。胃酸の逆流によって痛んだ胃の粘膜も保護してくれます。毎日ヨーグルトを食べれば、お腹の中の乳酸菌も増えてくるので、胃痛も解消することでしょう。

便秘や下痢になることも

胃痛だけではなく、便秘や下痢になってしまうこともあります。個人差があるので、この時期は痛みを感じたら、横になるのが一番かもしれません。バナナなど食物繊維の多い食べ物を食べたりすると、便秘の解消になります。下痢の解消方法は、おなかをなるべく冷やさないようにすることです。下着はおなかまですっぽりと入るものを選んだり、はらまきをしてお腹を温めるのもいいでしょう。

妊娠初期は規則正しい生活をしましょう。

妊娠初期は、おなかの中の赤ちゃんにとっても、母体にとっても大切な時期です。夜更かしをしたり、生活習慣が滅茶苦茶だと、胃痛も増します。そこで、睡眠をたっぷりと取り、規則正しい生活をするように心がけましょう。また精神的ストレスを感じると、胃痛が酷くなってしまうので、のんびりと過ごすのが一番です。仕事をされている方であれば、残業はなるべく引き受けず、体調が悪いことを上司に言っておくのもいいかもしれませんね。

あまりにも酷いときには、病院を受診しましょう

妊娠初期の胃痛は、一時的なものです。しかし我慢できないほど胃痛が強い場合には、病院を受診しましょう。病院を受診する際には、妊娠していることを伝えておくと、妊娠中でも服用できる胃薬を処方してもらうことが出来ます。産婦人科の中には、漢方薬を処方してくれる病院もあるので、薬を飲むことに抵抗がある方は、漢方薬を服用してもらうのもよいでしょう。

PR