妊娠初期に仕事は危険?妊娠中の仕事期間や注意点まとめ
461views

妊娠初期に仕事は危険?妊娠中の仕事期間や注意点まとめ

妊娠初期に仕事し続けるのは危険なのかも、と思っている方は少なくありません。また、どうしても仕事をしなくてはいけないというケースもあるでしょう。そこで、ここでは妊娠中はいつまで仕事をしていいのか、注意すべきことは何かということについてまとめてみました。

妊娠初期に仕事をするのはイイのか

妊娠初期に仕事

妊娠初期に仕事を続けていても大丈夫なのか、と不安に思ってしまう方は少なくありません。確かに、お腹の中に赤ちゃんがいるとなると仕事をしていても大丈夫なのか、危険ではないのかと不安に感じてしまうのも無理はないでしょう。では、実際妊娠してしまったあとに仕事を続けるのは大丈夫なのでしょうか。

妊娠初期なら特に仕事をやめたりする必要もないでしょう。これまで通り出勤しても問題はありません。
ただし、女性なのに力仕事をしているというようなケースだとやはり母体や赤ちゃんにも影響が出てしまう可能性がありますから注意が必要です。また、人によってはつわりが酷いケースもありますから、接客業などだとお客様に迷惑をかけてしまうこともあります。念のため職場の上司と相談したうえで決めるとイイかもしれません。

職場の理解を得ることが大切

妊娠初期の仕事には職場の理解が大切

妊娠したからといってすぐに仕事を辞める必要はありませんし、身体に無理が掛からないような仕事なら今まで通り続けてもまず問題はありません。しかし、自分は問題なく働けるとしても会社によってはあまりイイ顔をされないかもしれませんから注意が必要です。接客業だとつわりなどが原因でお客様に迷惑が掛かってしまうと考える上司もいるかもしれませんし、いろいろな面で気を使わなければいけなくなると考えてしまう上司がいてもおかしくありません。

大切なのは職場の理解を得ることです。しっかりと上役に相談したうえで仕事に臨むことが大切と言えるでしょう。しっかりと相談すれば体調や仕事の分担に配慮して貰うことができるかもしれません。逆に職場の理解が得られないのならムリして働くのは少々リスクがあるかもしれません。

何かあった時の対応を考えておく

妊娠中の女性だといつどのような変化が起きるか分かりません。これは妊娠初期でも同じことが言えます。突然気持ち悪くなることもありますし、体調が悪くなって倒れてしまうことも考えられます。もしかしたら流産ということも起こり得ますから、なにか起きた時に対応できるだけの体勢は整えておく必要があります。
職場の近くに産婦人科があるかどうかは最低限チェックしておきましょう。
例え普段自分が診察して貰っている病院でなくても何かしらの対処はしてくれます。また、普通の会社なら社員に何かあったときの緊急連絡先などは控えているとは思いますが、一応何かあったらここに連絡してほしいという連絡先を上司や同僚に渡しておくのもイイでしょう。何が起こっても対処できる状態にしておくことが大切です。

今まで通りというわけにはいかない

妊娠初期の仕事は上司に相談もしよう

妊婦はいろいろと気を付けなくてはいけないことがたくさんあります。既に自分だけの身体ではなくなっているということをしっかり認識しなくてはなりません。職場が分煙対策をしっかりしていないのなら自らタバコの煙を吸わないよう工夫する必要もありますし、冷房が効きすぎた職場なら上司に相談するなどする必要もあります。今まで通りに働くということは難しくなりますから、そこはしっかり理解しておきましょう。
タバコの煙やエアコンの風はもちろんですが、ほかにも気を付けることはたくさんありますからそうしたことをすべて理解したうえで仕事を続けなくてはなりません。

PR