妊娠初期の食欲変化!それぞれの対策を知っておこう
368views

妊娠初期の食欲変化!それぞれの対策を知っておこう

妊娠初期の食欲変化は人によって実にさまざまです。食欲旺盛になる方もいればまったく食欲がなくなったという方もいます。そこで、ここでは食欲が増えた、減ったというそれぞれのケースにおける対策についてまとめてみました。

妊娠初期の食欲変化は人それぞれ

妊娠初期の食欲変化

妊娠初期の食欲が増えるか減るかは人それぞれです。妊娠したとたんに食欲が増えたという方もいますし、食べ物を見ただけで気持ち悪くなってしまい結果的に食欲が減少したという方もたくさんいます。これは本当に人によって違いがありますし、人によってはまったく変化ないということもあるのです。

変化が起きるのは食欲の増減だけではありません。よく妊娠すると酸っぱいものが食べたくなるという話を耳にしますが、ほかにも甘いものばかりを欲しがるようになった、特定の食べ物しか口にしなくなった、食べないと気持ち悪くなってしまうというような変化を見せる方もいます。このように、妊娠することで食欲や食べるものが大きく変化することは珍しくないのです。

食欲が少なくなったケースの対策は?

妊娠につきもののつわりが原因で食欲がなくなってしまう女性は少なくありません。つわりが酷いと食べ物を見ただけで気持ち悪くなってしまいますし、実際に吐いてしまうという方もいます。では、このように食欲がなくなってしまったケースでの対策にはどのようなものがあるのでしょう。

妊娠初期の食欲変化減少のケース

基本的にはムリをしないことが一番です。確かに食事を摂らないことには栄養を摂取することはできませんし、赤ちゃんに影響が出てしまうと考えムリして食べようとしてしまいますが、無理して食べても結局戻してしまったりしては意味がありません。ムリせずに食べられるもの、好きなものだけをまずは食べるようにするとイイでしょう。また、麺類やお茶漬けといった食べやすいものを選んだり、血糖値を上げてくれる甘いお菓子などを口にするのもおススメです。無理せずに食べやすいもの、食べれるものだけをまずはチョイスして食べるようにしましょう。

食欲が増えてしまった場合の対策

妊娠初期の食欲変化増進の対策

妊婦はお腹の中に赤ちゃんがいるのだから二人分食べなくてはいけない、という話を耳にすることもありますが実際にはそんなことはありません。確かに食べないよりは食べた方がイイですが、妊娠中に食欲が増えてしまうととめどなく食べ続けてしまうため肥満の原因にもなってしまいます。

食欲が止まらない、いくら食べてもまた食べてしまうという場合には一度の食事量を抑えて一日数回食事することをおススメします。こうすることで結果的に食欲を抑えることができますし、満足感も味わえるでしょう。また、よく咀嚼して食べることで満腹中枢を刺激することができますから何を食べる時もしっかりと噛んで味わいながら食べることを心がけましょう。

食事の前にチョコレートをひとかけら食べたり、キャンディを食べたりすることも効果的です。糖分を摂取することで血糖値を上げることができ、食欲を抑えることができます。空腹感は血糖値が下がることで引き起こされますから、あらかじめ血糖値を上げておくとあまり食べなくても満足できるようになります。

妊娠初期の食欲変化増進の対策食べ物

ムリをしないことが一番

妊娠中には食欲が増えたり減ったりします。食欲があるのにムリして抑えてしまうとそれがストレスになることもありますし、逆に食欲がないのに無理して食べようとするとそれもストレスになってしまいます。ストレスは赤ちゃんにもあまりイイことありませんから、どちらにせよムリし過ぎないということが非常に大切です。

PR