妊娠初期に妊娠初期症状がない!と驚く前に知っておくべき知識
1,655views

妊娠初期に妊娠初期症状がない!と驚く前に知っておくべき知識

妊娠初期に妊娠初期症状がないという妊婦は実際にいます。妊娠初期症状についてある程度知識を持っておかないと本当に妊娠していた時に大変なことになってしまいます。ここでは妊娠初期症状の基礎知識についてまとめてみました。

妊娠初期症状とはいったい何?

妊娠初期症状

妊娠初期に妊娠初期症状がないというのは特別珍しいことではありません。実際は妊娠しているのにまったく初期症状が出ないため気づかないでいたという方も大勢います。しかし、そもそも妊娠初期症状とはいったいどのような症状のことを指すのでしょうか。

もっとも一般的な妊娠初期症状としては生理の停止が挙げられます。生理がこないイコール妊娠という図式は男女問わず持っているのではないでしょうか。この月経が止まってしまうというのはもっとも代表的な妊娠初期症状と言えるでしょう。また、何をしていても眠くなってしまうというのも多いですし、すぐに疲れてしまう、便秘になってしまう、胸がやたらと張ってしまうというのも有名な妊娠初期症状と言えるでしょう。

まったく症状がでないこともある?

妊娠初期に妊娠初期症状がない

妊娠すると間違いなく生理が止まりますから妊娠初期症状がまったく現れないということはありません。妊娠すればどんな女性でも必ず症状は出てきます。しかし、これは個人差が大きいのも事実で、症状が出始める時期などが人によって大きく変わってしまうのです。生理が止まると妊娠していると分かりやすいですが、もともと生理不順な方だと対して気にも留めないこともありますし、ほかの症状が一切でなければまさか妊娠していると気付かないこともあります。女性の体質や体格などによっても感じ方、症状の出る時期などは変わってきますから注意しなくてはなりません。妊娠してすぐにこうした症状が一斉に現れるという女性もいれば、殆ど初期症状を感じないままという方もいるのです。

怪しいと思ったらすぐ検査する

妊娠初期に妊娠初期症状がない病院での検査

少しでも妊娠しているかもという気持ちがある場合はすぐにでも検査することをおススメします。もっとも確実なのは産婦人科で診察を受けることですが、妊娠検査薬を使用することでも判断することができます。現在の妊娠検査薬は非常に精度が高いですから、正しい使い方をすればほぼ確実に妊娠しているか否かを判断してくれるでしょう。

検査薬を使ったことがない、自信がない、より確実に知りたいというのなら産婦人科へ行きましょう。いろいろとアドバイスも貰えますから、もっともおススメなのはやはり産婦人科での診察です。

初期症状がないといろいろ危険

妊娠初期症状がないこと自体は何も危険なことはありませんが、妊娠に気づいていないということが危険なのです。気持ち悪くなる、眠気がある、遅れたことのない生理が遅れている、というような初期症状があれば「もしかすると妊娠しているのかも」と疑うことができますが、こうした初期症状がいっさい出なかった場合本人が妊娠しているとまったく気づかないのです。これはとても恐ろしいことです。

妊娠初期に妊娠初期症状がない危険

まず、妊娠しているという自覚がまったくありませんから普通に激しい運動もしてしまいますし、飲酒や喫煙も普段通り続けてしまうでしょう。また、妊娠中には服用していい薬が限られていますが、そもそも妊娠しているとは思っていないのですからそうした薬も平気で服用してしまいます。こうなると当然赤ちゃんにも何等かの影響が出てしまいますし、最悪流産ということにもなり兼ねません。妊娠初期症状がなくとも妊娠した可能性がある、と少しでも感じたのなら検査をすることをおススメします。

PR