【妊娠初期】妊娠トラブルで多い妊娠初期の痔。予防法、対処法について
56views

【妊娠初期】妊娠トラブルで多い妊娠初期の痔。予防法、対処法について

妊娠すると色々と体のトラブルが多くなります。とくに、妊娠中のトラブルで多いのが便秘。その便秘トラブルの延長線上にあるのが妊娠初期の痔です。便秘と痔の関係、そしてどうして痔になるのか、そしてどうやったら痔を予防することができるのか、改善策や対処法も交えてまとめました。ご参考にどうぞ。

妊娠すると痔になりやすいのはなぜ?

妊娠すると痔になりやすいのはなぜ?

妊娠すると痔になってしまうという妊婦さんは、意外にも8割にも及ぶと言われています。それほど、妊娠、出産の過程では、痔になりやすいのです。まずは、妊娠と痔の関係について調べていきましょう。

痔になる原因は?

もともと痔になるのには肛門周辺の血行が悪くなることが主な原因になります。

妊娠をすると、子宮が大きくなって、重くなり下腹部を圧迫することにともなって、肛門周辺の血行が悪くなります。それが原因で、血管にコブができてしまい、いわゆる痔となるケースがあります。

もう一つは、便秘になり、どんどんと大腸に溜まった便が水分を失って硬くなってしまい、それが肛門の粘膜などを傷つけてしまって、痔になるということもあります。

痔には2種類のタイプがあります

このように、痔には血行が悪くなり、血管に溜まったコブが原因となるイボ痔と、重度の便秘の便により、肛門が傷つけられて痔になる切れ痔の2種類のタイプがあります。

それぞれで処置の仕方も異なりますし、症状も異なります。切れ痔の場合は、傷ついているわけですから、排便の際に出血があったり、痛みが伴ったりする場合がありますが、イボ痔の場合、イボ痔のある位置によっては、本人の自覚症状がないまま、痔になってしまっていたという場合もあるのです。

妊娠初期に痔になるのは「便秘」が多い!

妊娠初期に痔になるのは「便秘」が多い!

では、どうして、妊娠初期の痔が多いのかと言うと、それは、妊娠初期には便秘で悩む妊婦さんが多いからなのです。

妊娠すると、ホルモンバランスが乱れます。これは、受精卵を成長させていくために、女性ホルモンである「黄体ホルモン」の分泌が増えることによるものです。

この黄体ホルモンが大腸にある水分を奪ってしまうこと、そして大腸とその周辺の筋肉の運動も緩めてしまうことが妊娠中の便秘の原因です。つまり、水分が減ってしまった硬くなった便を排便させてしまわなければならないために、その便が肛門周辺を傷つけてしまうことによるのです。

妊娠初期に痔にならないためにできること

妊娠初期に痔にならないためにできること

一番簡単なのは排便をスムーズにさせること

妊娠初期はつわりなどがあり、食事をきちんととることが難しいかもしれません。

ただし、つわり中でも食べられるものの中で食物繊維の豊富なもの、腸内活動をスムーズにさせるものなどを中心に食べることが大切です。ヨーグルト、バナナ、ごぼうなどもそうですが、アーモンドなども少し食べるだけでも便秘が改善されます。

妊娠初期は何かと運動不足に

安静にしなくてはいけない時期だとは言われていますが、妊娠すると動いてはいけないというわけではありません。適度な運動は、便秘解消を促しますので、先生に相談して問題なければ、適度な運動をすることも大切です。

重度な便秘は医師と相談しよう!

妊娠中とは言っても、まったくお薬を飲んではいけないということはありません。

便秘をしてしまい、辛い思いをする、痔になってしまう方がよくありませんので、便秘で悩むようであれば、医師に相談することも大切です。産婦人科では、妊婦さんでも服用できるお薬を処方してます。

もしも痔になってしまったら・・・?

もしも痔になってしまったら・・・?

排便時に出血する、あるいは肛門が痛い、などの場合があれば、医師に相談しましょう。

妊娠中の痔は決して珍しいことではありませんし、恥ずかしいことではありませんので、困ったことがあったら医師に相談してストレスをためないことが大切です。

PR