妊娠初期にエステはOK?NG?痩身、フェイシャル、脱毛どれならOK?
277views

妊娠初期にエステはOK?NG?痩身、フェイシャル、脱毛どれならOK?

最近はマタニティエステなんて聞くけど、妊娠初期にエステに通っても良いのでしょうか。エステの胎児への影響と母体への影響、痩身、フェイシャル、脱毛からやって良い施術と駄目な施術、妊娠に気づいたらどうしたら良いかなどをまとめました。

エステに通院中に妊娠!

サロンとしてはお客様の妊娠は珍しいことではありません

エステティックサロン通いも妊娠も妙齢の女性に多い人生のイベントですから、エステ通院中に妊娠してしまうことはよくあります。サロンとしてはお客様の妊娠は珍しいことではありません。

まずは恥ずかしがらずに妊娠したことを告げて相談しましょう。たいていのサービスの質の高いサロンでは、妊娠によるコースの期間の延長や変更等に応じてくれます。

それでは、妊娠中はサロンのサービスを受けられないのでしょうか。また、妊娠に気づかずにサービスを受けてしまった場合、赤ちゃんは大丈夫なのでしょうか。

妊娠初期の流産・胎児への影響

妊娠初期にエステに数回通ってしまったからといって過度に心配する必要はまずない

初期の流産のほとんどは、母体側で何かあったことではなく、受精したときの染色体異常によります。また、エステティックサロンは医療機関ではありませんから、胎児に影響があるような強い薬物や器具などは使っていません。

ですから、気づかずに妊娠初期にエステに数回通ってしまったからといって過度に心配する必要はまずないでしょう。

ただし、エステのコースによっては母体側に悪影響がある可能性は否定できません。

痩身エステと妊娠

妊娠中の痩身サロンはおすすめできません。まずサロンの方でもお断りします。

胎児はお母さんの体脂肪ではなく、摂った栄養から栄養を摂取します。ですから、もし太りすぎの場合であっても妊娠中の減量や痩身は胎児の発育によくありません。妊娠中の体重管理は産科医や助産師に従い、勝手に痩身はしないようにしましょう。

また、エステでの痩身は器具や手によるマッサージを取り入れるところもあります。マッサージで流産することはまず考えられませんが、気分が悪くなったり、万が一のことがあったときに「あの施術が…。」と後悔することが考えられます。

フェイシャルエステと妊娠

フェイシャルエステの施術が妊娠に影響することはまずありません。しかし、妊娠中は肌が敏感に傾いたり、色素沈着しやすくなります。また、つわりで気分が悪くなることもあります。

エステティックサロン側の対応は、施術をお断りする場合、安定期の施術は行う場合、コースをソフトなものに変更する場合に分かれます。

最近はマタニティエステといって、妊娠中の肌の悩みに応えてくれるコースを用意している産科やサロンも増えてきました。産後のエステも盛んです。妊娠中に増えてしまったシミや色素沈着、妊娠線ケアをしてくれるコースです。

いずれにしても、普通の状態で効果のあるエステと、妊娠中に心配のないものや妊娠中に効果のあるエステは異なります。妊娠を隠して契約したり、通っているコースをそのまま続けることは避けましょう。

脱毛サロンと妊娠

妊娠中の脱毛エステはすべきではありません

妊娠すると毛深くなるので、つい脱毛コースを続けたくなります。しかし、妊娠中の脱毛エステはすべきではありません。理由は2つあります。

1つは妊娠中の肌が敏感になりやすく、色素沈着を起こしやすくなるためです。エステで行う脱毛は光脱毛です。妊娠中に光脱毛を行うと、やけどや色素沈着などのリスクが高くなります。

もう1つは脱毛効果が薄れるからです。妊娠中は全身の毛周期が遅くなります。エステでの脱毛は毛周期を計算しながら脱毛しますので、妊娠中はせっかく脱毛しても効果が薄いことが考えられます。

ちなみにこの遅くなった毛周期は産後しばらくしてから一度に抜けて元に戻りますから、産後すぐの脱毛も費用の無駄遣いになる危険性があります。脱毛サロンは妊娠中と産後はお休みして、毛周期が正常化してから再開しましょう。

PR