妊娠初期につわりと動悸が起こる原因とは?【対処法あり】
9,961views

妊娠初期につわりと動悸が起こる原因とは?【対処法あり】

妊娠初期に起こるつわりと動悸。とっても不快な日が続き嫌になりますよね。しかし、なぜ妊娠初期に、こんな不快な症状が現れるのでしょうか?? ここでは、妊娠初期に起こるつわりと動悸の原因と、とっておきの対処方法を教えちゃいます!!

妊娠初期につわりと動悸が起こる原因は??

妊娠初期と言われる妊娠5~6週くらいから「つわり」と言われる辛い症状が始まり、9週目ごろにピークとなり、14週~15週あたりまで続きます。
つわりには動悸やめまい、吐き気など様々な症状があり、その主な要因は妊娠することで子宮が大きくなり、他の臓器を圧迫するからだと言われています。また受精した卵子に多くの酸素と栄養素を運ぶために体内の血液循環量が増加することも要因であると考えられています。

妊娠初期の動悸は胸部圧迫からきている?!

つわりと動悸は切っても切れない関係です。動悸は赤ちゃんの成長によっておなかが大きくなり胸部を圧迫することによって、1度に呼吸できる量が下がり、心臓や肺に負担がかかるのが原因と言われています。とっても辛い症状ですが、お腹の赤ちゃんが大きくなるためには通らな得ればいけない道なのです。

貧血も動悸の原因に

動悸のもう一つの原因に、「貧血」が挙げられます。妊娠をすると赤血球や白血球、血小板などを除いた血液量が増加し、血液内の赤血球が薄まるため貧血を起こしやすくなります。従って貧血が起こりやすくなり、動悸も起こるのです。

妊娠初期のつわりと動悸の対処法

人によっては、とっても辛い症状が続くつわりの時期ですが、何とか快適に乗り越えたいものですよね。ここからは、つわりと動悸に対処する方法を教えちゃいます。

歩く時はゆーっくりと

walking-454543_640

 

妊娠中、動悸や息切れを感じやすい方は、歩くスピードに注意しましょう。また、階段の昇り降りもゆっくり行いましょう。急な動作は禁物ですよ。

半身浴や足湯が効果的

b4addf18ac75cc3b8ee90149e54f9d73_s

動悸や息切れを解消するには、半身浴や足湯をすると良いでしょう。バスタイムは、シャワーで済まさず、できるだけ少しの時間でもお湯につかるようにして見ましょう。

体をしっかり温めて

3d2614dee1aeaf41d463ace095aa53bb_s

冷えは、妊婦さんにとって厳禁ですが、つわりの間は特に、身体を冷やすことは禁物です。特に足は冷やさないようにしましょう。夏場は冷房の効いた部屋で冷え過ぎに注意し、靴下を履くなどの対策を行いましょう。

貧血を改善しよう

動悸や息切れの原因には、前述の通り、貧血という場合があります。従って、食事で鉄分を補給するように心がけるようにしましょう。また、タンパク質やビタミンC、ビタミンB群、葉酸などもバランスよく食事に取り入れるようにしましょう。そうすると、貧血が改善していきますよ。

急に動悸が起こってしまったら?そんな時の対処法

家ならば横になって、外の場合は座ろう

動悸が起こってしまったら、すぐに横になり休憩しましょう。また、出先では、ベンチなど座れる場所を探し、休憩を取るようにしましょう。休んでいる時に、冷えピタなどで頭を冷やすのも効果的ですよ。

動悸や息切れだけでなく、妊娠初期の体調不良は本当に辛いものです。私も妊娠初期の頃、吐き気や頭痛に常に悩まされていました。
この時期は、辛い症状が出たらすぐに休むことが大切。お腹の赤ちゃんのためにも、できるだけリラックスすることを心がけましょう。無理をすることだけは絶対やめましょうね。

あまりにもひどい時は病院を受診しよう

つわりの時期、何もできないくらいひどい症状が現れた場合は、我慢することなく、医師の診察を受けるようにしましょう。
つわりがひどい時でも飲める薬はありますし、対処方法も医師はたくさん知っています。あまりにも辛い時は、ぜひ相談してみてくださいね。
妊娠初期のつわりは、多くの方が経験することです。しかし、お腹の赤ちゃんが元気に育つためには、通らなければならない道です。時期が来れば、必ず治まるので、できるだけゆったりとした気分でこの時期を乗り越えましょう。

PR