臨月に胃が痛いのはなぜ?臨月に胃が痛む原因と対処法
60views

臨月に胃が痛いのはなぜ?臨月に胃が痛む原因と対処法

臨月に胃が痛い症状が出る妊婦さんもいらっしゃいます。臨月になると、あともう少しで出産なので、緊張をしたり不安な気持ちになったりする方も多いかもしれませんね。臨月に胃が痛い原因や対処法などについて、詳しくご紹介しましょう。

臨月の胃の痛みはどうして起こるの?

臨月に胃が痛い、お腹の赤ちゃんは大丈夫かな?と不安を抱えている妊婦さん、考えれば考えるほど胃の痛みが激しくなるかもしれません。

不安や緊張でたまったストレスが原因なのでしょうか?臨月の胃の痛みの原因と対処法についてご紹介しましょう。

臨月に胃が痛い原因

臨月に胃が痛い原因は、ストレスとホルモンの2つ

Mother / NNelumba https://www.flickr.com/photos/myristicafragrans/10405524136/

臨月に入って胃の痛みを感じ始めた妊婦さんは、あと少しで出産なのに大丈夫だろうかと不安になりますよね。臨月に胃が痛い原因は、ストレスとホルモンの2つがあります。それぞれの原因について詳しくご紹介しましょう。

【ストレス】
臨月に胃が痛い原因の1つにストレスがあります。

初産の妊婦さんがストレスを感じることが多いのですが、初めての出産に、大丈夫だろうかと不安になったり、緊張をしたりして胃液が多く分泌されることが胃痛につながります。

過度のストレスは、お腹の赤ちゃんにもあまりよくないため、なるべくリラックスをすることが大切です。

【女性ホルモンのオキシトシン】
臨月に入ると、女性ホルモンの1つであるオキシトシンの分泌が増加します。

オキシトシンは出産をするときに子宮を収縮させるためのホルモンなので、臨月がきて出産予定日に向けて増えていくのです。

ただ、このオキシトシンは、子宮を収縮させるだけでなく、胃腸も収縮させてしまいます。それによって、胃痛が起こったり、吐き気が起こるようになります。

臨月に胃が痛いときの対処法

臨月に胃が痛いときの対処法

臨月に胃が痛い時にはどのように対処をすれば良いでしょうか?臨月の胃の痛みの対処法をご紹介しましょう。

【ストレスを発散させる】
出産の不安や緊張で胃が痛くなっている場合は、その不安を取り除いたり、ストレスを発散させる方法を見つけることが大切です。自分なりのストレス発散方法を試してみましょう。

【食事に気を付ける】
緊張や不安を感じると、胃腸がきゅっとかたくなってしまい、消化スピードが悪くなってしまいます。消化の良い食べ物や飲み物などをとるようにしましょう。にんじんや大根、さといもなど温野菜のスープや、あたたかい牛乳を飲んで身体を温めて、胃腸を労いましょう。牛乳は、胃の粘膜を保護して胃酸を抑える働きがあるためおすすめです。少し砂糖やはちみつを入れると甘くておいしいですよ。

【ウォーキングや散歩でリラックス】
臨月に胃が痛いときには、リラックスするために軽い運動をしましょう。臨月でおなかが大きいため、激しい運動をしてはいけません。ゆったりと家の周囲をウォーキングしましょう。ウォーキングをするときは、水分補給のためのお茶や水を忘れずに。

【腹式呼吸でリラックス】
胃の痛みを感じたら、腹式呼吸をしましょう。腹式呼吸をするときは、鼻からゆっくりと息を吸い込んで、口からゆっくりと息を吐き出します。息を吐くときは、吸うときの2倍の時間を掛けることが大切です。

こんなときは病院へ

体調が悪いなと感じたら、自己判断をせずに病院へ

胃痛がひどくて何度も嘔吐をしたり、気分が悪くなった場合は、医師に診てもらうようにしましょう。

ウイルス性の胃腸炎であったり、食中毒に掛かっている場合は、上記で紹介をした方法を試しても、胃の痛みが解消されないことが多いです。体調が悪いなと感じたら、自己判断をせずに病院へいくことが大切です。

胃が痛いときに、自己判断で薬を飲むことだけはしないようにしましょう。薬を飲んで赤ちゃんに影響があっては大変です。病院では妊婦さんが飲んでも問題がない漢方薬を処方してもらえるため、病院を受診しましょう。

PR