妊娠性鼻炎の対処法は妊娠計画からスタート!薬以外の解決策
84views

妊娠性鼻炎の対処法は妊娠計画からスタート!薬以外の解決策

妊娠中は抗アレルギー剤の服用はできません。花粉症の場合時期をずらして妊娠することがベストですが、計画通りにはいかないものです。妊娠期間を快適に過ごすためにも、薬を使わない妊娠性鼻炎の対処法についてご紹介します。

妊娠性鼻炎はなぜ起こるのか?

妊娠性鼻炎はなぜ起こるのか?
妊娠が引き金となって起こるトラブルの一つに妊娠性鼻炎があります。妊娠前は鼻炎で悩んだことがなかったのに、何故妊娠したことで鼻づまりやくしゃみ、鼻水に悩まされるのでしょう。その原因は妊娠によって分泌される女性ホルモンによるとも言われていますが、実ははっきりわかっていません。ただ、ホルモンは自律神経にも深く関係しているため、免疫系に影響しアレルギー反応が過剰になる可能性があります。

妊娠性鼻炎は平均して妊娠2ヶ月めを境に起こる症状です。効果の高い鼻炎薬は市販されていますが、多くの薬同様妊娠中の女性は服用できません。そのため辛い鼻づまりで熟睡できず、頻発するくしゃみで体調を崩すケースも少なくありません。妊娠性鼻炎の対処として安全で効果の高い民間療法があるのです。

産婦人科医に相談し専門医を紹介してもらう

産婦人科医に相談し専門医を紹介してもらう

妊娠していても安全であると保証されれば、当然薬治療は有効です。そのためには医師に相談することが先決ですが、まずかかりつけの産婦人科に相談する事が肝要です。現状の体の状態や普段使っている薬、薬アレルギーなどの情報を持っている医師から、専門医に紹介状を書いてもらうのが最も安心なルートです。最も避けたいのは、自己判断で耳鼻科を受診し、妊娠していることを告げずに薬を処方されることです。薬によっては胎児に悪影響のあるものもあるので注意が必要です。

妊娠時期によって処方される薬の種類は異なります。妊娠初期では血管収縮剤が配合された点鼻薬が処方されます。この場合鼻の血管だけでなく全身の血管に作用するため、血圧が高い方は使用できません。
妊娠中期でようやく抗アレルギー剤が処方されます。またステロイド系の点鼻薬を処方される場合もあります。
妊娠後期になると胎児の状態も安定しますが、一般的には点鼻薬が処方されるケースが多いのです。出産後自然に治癒する鼻炎であるため、長期使用を禁じている血管収縮剤配合の点鼻薬でも、一日の使用回数を守れば安全なのです。

昔から伝わる民間療法

昔から伝わる民間療法

まず、アレルギーの原因となるものを吸い込まないことが肝心です。そのため、花粉の時期の場合室内に入る際には花粉を落とし、可能な限り外出をしないことが望ましいのです。あまり窓を開けないようにするなど、日常生活の中でできる限り花粉やほこりをシャットダウンする事が大切です。外出から戻った際は、上着に掃除機をかけたり、室内に持ち込まないなどの工夫は有効です。

家の中でもマスクを着用し、室内の空気が乾燥しすぎないよう加湿器を利用するのも有効です。また、昔から鼻を温める事が鼻づまりを改善してくれることがわかっています。夜眠れない程鼻づまりが酷い時には、暖かい湯気を直接吸い込むのも効果的です。就寝中のマスクも鼻づまり解消には効果があります。

また、アレルギーの元となるヒスタミンを抑制する食材やお茶も市販されていますので、医師に相談して問題ないと判断された場合試してみても良いでしょう。また漢方薬ならば問題ないと思われがちですが、それは大きな間違いです。体質によって効力を発揮する薬は異なります。妊娠していることをきちんと説明して、漢方や和漢を扱う薬剤師に相談することをお勧めします。

しかし、これらの妊娠性鼻炎の対処法は一時的なものですので、睡眠不足で体調を崩す可能性がある場合は、やはり病院に行くことが最善策です。

PR