妊娠初期の膀胱炎の治療を怠ると母体にも胎児にも悪影響!
77views

妊娠初期の膀胱炎の治療を怠ると母体にも胎児にも悪影響!

妊娠初期の膀胱炎の治療は出来るだけ早く始めることが重要です。妊娠によってホルモンや免疫系に変化が生じ、トラブルという形で体に様々な影響があります。妊娠初期の膀胱炎もその一つで、放置すると腎盂炎を発症する危険性があります。妊娠中の膀胱炎の治療と、ならないための予防についてご紹介します。

妊娠初期の膀胱炎の治療は出来るだけ早くスタートすること!

妊娠初期の膀胱炎の治療は出来るだけ早くスタートすること

妊娠によって様々な体の変化が生じますが、妊娠特有の女性ホルモンの分泌や免疫力の低下などにより思わぬトラブルに見舞われます。多くの女性が妊娠中に経験するのが膀胱炎です。

膀胱炎は男性よりも女性のほうがかかりやすい病気ですが、その理由は便中の菌が尿道に入りやすい体の構造にあります。ただ、膀胱に菌が侵入しても必ずしも膀胱炎になるとは限りません。様々な要因が重なって炎症を起こしてしまうのです。

膀胱炎の主な症状として排尿時の痛みと尿意です。排尿しても残尿感があり、直ぐにトイレに行きたくなるのですが、実際には尿が出ないことがあります。血尿が出ることもあり、多くの場合尿は白濁しているので膀胱炎になると分かります。

膀胱炎は薬で簡単に治りますが、放置すると熱が出たり、腹痛や腰痛を引き起こすばかりか、腎盂炎や敗血症など重篤な病気の原因ともなり得るのです。特にダメージを受けやすいのが腎臓で、出産後も通院や薬治療を余儀なくされることもあるので、兆候があった場合直ぐに医師に相談し、早期治療が何よりも重要です。

妊娠中に膀胱炎になりやすい理由とは

妊娠中に膀胱炎になりやすい理由とは

妊娠すると免疫力が低下するといわれていますが、尿道に侵入した菌への抵抗力が常時に比べて低いことが膀胱炎になりやすい理由です。特に妊娠中はおりものの量も増えるため、菌が繁殖しやすい環境にあります。

また、妊娠により膀胱が圧迫されるため尿意を感じる頻度が増えますが、尿意が慢性化してトイレへ行くのを我慢するため、結果として菌が膀胱内で増殖してしまいます。もともと膀胱炎になりやすい構造に加え、妊娠することでさらに罹患率が高くなるのです。

妊娠初期の膀胱炎の治療に有効な薬の処方

妊娠初期の膀胱炎の治療に有効な薬の処方

妊娠中の投薬は胎児に悪影響があるのではないかと不安になるものです。けれども、繁殖して炎症を起こしている菌は直ちに排除しなければなりません。そのためには投薬治療を早く始めることが完治への最短距離です。迷っている間にも悪化し、別の病気を併発しかねません。膀胱炎を疑ったなら、直ぐに産婦人科へ行くことが望まれます。

処方される抗生物質は、産婦人科の場合胎児に影響の無いものが選択されます。産婦人科以外で受診する場合、必ず妊娠していることを医師に告げましょう。また、他に薬を常用している場合、薬効の相殺や化学反応も考えられますので、お薬手帳を提示することが望まれます。

膀胱炎にならないための習慣

膀胱炎にならないための習慣

妊娠中はストレスを感じやすく、心配事や体の不調が加わると過度なストレスとなって精神衛生に良くない影響を与えてしまいます。予防は毎日の生活の中で習慣化させることで出来る簡単なものですので、面倒がらずに続けることが肝心です

最も重要なことは、水分を摂ることです。水を飲まないことで膀胱が水で満たされないため、膀胱内の菌が洗い流されずに繁殖します。水をたくさん飲んで時間を見計らって排出するだけで膀胱炎は予防できるのです。デリケートゾーンは常に清潔を心がけ、雑菌が入らないように注意しましょう。

低下した免疫力を高めるためにも、偏りのないバランスの取れた食事は欠かせません。栄養士に相談するのも一つの手段です。

PR