妊娠初期に咳って大丈夫?妊娠初期に咳が出る原因と対策
55,902views

妊娠初期に咳って大丈夫?妊娠初期に咳が出る原因と対策

妊娠初期は様々な症状が現れます。つわりもそうですが、風邪の症状に似たことも多いのです。妊娠が発覚していなくても、妊娠初期に咳をするようになって風邪かな?と思っていたら妊娠していたなんて良くある話なんです。そこで、今回は妊婦さんと咳の関係について調べてみました。

妊娠初期に咳?どうして咳をするの?

妊娠初期に咳をする人、結構います。人によっては、妊娠をしていると自分で把握していなくて「最近、咳がひどいな。風邪かな?」と初めて自分の体調の変化を感じ、気がつけば妊娠していた・・・なんてこともある話なんです。妊娠中で特に妊娠初期の不安定な時期に、沢山の咳をしたら、胎児に影響はないのでしょうか?そして、風邪かもしれない場合どういうふうに対処すればいいのでしょうか?

妊娠初期に咳・・・その原因①免疫低下

妊娠をすると、女性は様々な体の変化があります。新しい生命がお腹の中で誕生しているのですから、当然のことですよね。多くの栄養やエネルギーはその新しい生命の方へと奪われていきます。そうなると、当然のことながら、母体の免疫は低下してしまいます。免疫が低下してしまうために、普段ならひかない風邪をひいてしまう・・・なんてことも良くある話なんです。そこから、風邪の初期症状として「咳」が出始めるんですね。

早めに体を休めよう

免疫低下が懸念されているので、早めに対応することが必要です。疲れてきたら横になる、休めないなら産婦人科で妊婦さんでも飲める薬を処方してもらう、などの対応をしましょう。また、つわりが始まると、人によっては食べ物を食べることが出来なくなるために、さらに体力が低下してしまう可能性もあります。つわりでも食べられるものもを少しずつ食べるように心がけましょう。栄養価の高いアイスクリームや免疫力を高めるヨーグルトなどはおススメの食べ物です。

妊娠初期に咳・・・その原因②妊婦さんの水分不足

意外と知られていないのが、妊娠すると妊婦さんが水分不足になるということです。カラカラの喉は咳を生じさせてしまいますね。これも、赤ちゃんが誕生することで、水分が赤ちゃんの方に奪われてしまうために起こるもの。さらに、つわりなどで吐いてしまったりすると、なおさら水分不足になります。

こまめな水分補給を

05ea1fe69ceaca10979d2a6d3c5b6b38_s

一気に水分を補給する必要もありません。ゆっくり、少量ずつで良いので、こまめに水分を補給するように心がけましょう。また、冬場は乾燥しがちですから、室内も乾燥しないように心がけましょう。保湿することで風邪などのウィルス対策にもなりますね。

妊娠初期に咳・・・その原因③咳ぜんそく

妊娠する前はぜんそくなんて無縁だった、という妊婦さんも実はかかってしまう「咳ぜんそく」。妊娠すると体質が変わってしまうこともあります。ホルモンバランスの乱れによって、今まで大丈夫だったものに対してもアレルギー反応を起こしてしまう可能性もあるのです。咳が長く続くと言う場合は「咳ぜんそく」を疑ってもいいかもしれません。

咳喘息の予兆、風邪を早めに治そう

多くの咳ぜんそくの場合、長引く風邪がぜんそくを引き起こすケースです。ですから、風邪をひいたら早くに治すように対処しましょう。もしも、風邪が治っているのに、咳が止まらないというときは、きちんと受診するようにしましょう。

免疫が下がるから予防はしっかりしよう

a47f536bab19ca80a5889e741c8a53c1_s

妊娠すると、免疫低下などにより、体の不調が多く出てきます。ですから事前に外出する際はマスクをし、うがい手洗いを徹底するなどの自己防衛を心がけましょう。そして、休めるときには十分に休むように、そして暴飲暴食を避けて、体に負担のかからない生活をすることが大切です。

PR