妊娠初期症状で熱っぽい?妊娠初期の微熱とは
3,380views

妊娠初期症状で熱っぽい?妊娠初期の微熱とは

妊娠と気づく前から体の異変が起こっている場合は多いのです。また、妊娠初期にもその症状は続いていたりします。今回は、妊娠初期に微熱がある場合について調べてみました。妊娠初期に熱っぽいという人は結構いるのですが、逆にまったく感じない人もいるんですよ。

よく言われている「妊娠超初期症状」とは?

pregnancy-644071_640

妊娠をすると、ホルモンバランスが崩れ、体に異変を感じる人も多いのではないでしょうか?その異変自体も様々なのですが、その中には咳をするようになる、風邪のように体がだるい、あるいは微熱のようなものが続いている、あるいは常に眠いなどの症状です。

この妊娠超初期症状自体に気づくからもいらっしゃれば、まったく気がつかない人もいます。もちろん、常に妊娠していないかと体を気遣っている人もいれば、仕事などで忙しくて自分自身の体にきちんと目を向けていない人だっているはずです。そういう状況も違う中で、あくまでもこの症状自体で「妊娠かも?」と決め付けず、最終的にはきちんと妊娠検査薬で検査して、生理が遅れていれば病院へ行くようにしましょう。

あれ?熱っぽい?そんな微熱が続く妊娠初期症状

妊娠初期にも熱っぽさが続く方はいるでしょう。つまり、これは「つわり」の一種なんです。妊娠したことによって、吐き気を催す、気分が優れない、常に眠い、など妊娠のつわりというのは、人によってケースは様々です。ですから妊娠初期に微熱だからと言っても、お腹の中の赤ちゃんに何かしらの影響があるとは限りません。

妊娠初期に微熱が続くのはなぜ?

妊娠する前から婦人体温計できちんと計測している人は分かると思いますが、女性には月経から排卵日までの「低温期」と排卵日から生理までの「高温期」という2つの体温の周期があります。この差は少しの違いなのですが、妊娠するとこの高温期がずっと継続されている状態になります。これが、妊婦さん本人にとって「熱っぽい」と感じさせている症状なのでしょう。

この周期自体は、女性ホルモンの中の黄体ホルモンが関係しています。生理前になると黄体ホルモンが働くことにより高温期になるのです。そして、女性が妊娠すると、その妊娠を維持させよう、受精卵をきちんと着床させようという体の働きによって、この黄体ホルモンが働き、ホルモンが分泌されることにより、高温期がずっと続いている状態になります。その高温期が「微熱っぽい」という症状を感じさせるのです。その微熱は、本当にわずかの差であったり、人によっては平熱よりも1℃も高い、ということも。その体温差が、熱かも?と感じさせたり、まったく微熱を感じなかったりするのです。

では、微熱と発熱の違いは?

medical-563427_640

微熱かもしれないというところと、発熱だというところの境目って分かりづらいですよね。妊娠していると、ちょっとした発熱で気軽にお薬を飲むことが出来ません。だからこそ、どのくらいが発熱で病院へ行くべきなのでしょうか。まずは、38℃台になれば通常の微熱とは違う種類のものかもしれないと疑って良いでしょう。そういった場合は、医師にきちんと相談し、適切な処置を受けた方が安心です。むやみやたらにお薬を服用することはあまりおすすめできることではありません。

ただし、発熱したからと言って、赤ちゃんに影響があるわけではありません。あくまでも発熱しているのはママです。赤ちゃんはお腹の中で守られているので、心配せずに落ち着いて病院へ行きましょう。

PR