妊娠初期に胸の張り?!妊娠初期の胸が張る仕組みとは?
893views

妊娠初期に胸の張り?!妊娠初期の胸が張る仕組みとは?

妊娠初期に胸の張りを覚える女性は多いです。妊娠すると、女性ホルモンがたくさん分泌され、出産後母乳を出す準備として乳房や乳頭が大きく硬くなってきます。なかには乳首が張って触ると痛いという人もいますが、何らかのケアを行う必要はあるのでしょうか?妊娠初期の胸の張りの仕組みについてみていきます

妊娠初期に胸が張る

9b64f9ea16b48204e9337bd8bd87af46_s

妊娠初期に胸の張りを覚えることがあります。乳首(乳頭)がヒリヒリと痛む、あるいはかゆい。乳房が張るような感じなどの胸部の違和感は、妊娠初期症状のひとつにも挙げられています。

妊娠初期に胸が張る仕組み

妊娠初期の胸の張りは、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンがたくさん分泌されることが原因です。プロゲステロンには乳腺(乳房の中にある組織)の発達を促す働きがあり、母乳を出す準備として乳房が大きくなって張りがでて硬くなってきます。

なかには、胸、乳首(乳頭)がパンパンに強く張り、触れると痛い人もいます。これもホルモンによる作用です。卵胞ホルモンの働きで、母乳が作られる乳腺組織や、母乳の通り道になる乳管が発達し、敏感になってきます。乳管の発達の速度が速いと、血液循環が追いつかずに、乳房がうっ血したり、部分的にしこりができたりします。

この胸の張りは生理?それとも妊娠?

question-marks-2215_640 (1)

生理前にもプロゲステロンはたくさん分泌され、胸が張ります。症状は似ていますが、妊娠初期は、より強くこの症状が出て、触られただけでも痛い、という人もいます。胸や乳首が張るのは、妊娠の兆候を示す症状の1つといわれています。ただし、あくまでも個人差があり、なかには妊娠初期、全然胸が張らない人もいます。いつもと違って生理前なのに胸の張りがないと思ったら妊娠していた、という人もいます。

胸の張りだけでは個人差があってはっきりしませんが、生理前なのか妊娠なのか区別する方法としては、基礎体温をつけてグラフにしてみてもわかります。基礎体温は婦人体温計を使って、朝寝床から起きずに婦人体温計を舌の下に入れて計測します。生理が始まると基礎体温が36℃前半くらいの低体温相の体温に下がりますが、妊娠している場合は基礎体温が36℃後半くらいの高体温相の体温のまま続きます。

妊娠初期の胸の張りにはマッサージが必要?

妊娠初期の胸の張りについては、自然におさまりますので、とくに抑えたり、マッサージをしたりする必要はありません。つわりが治まる頃、胸の張りがなくなる人が多いです。なお、妊娠中期や妊娠後期の胸の張りは、出産後の授乳に向けての本格的な準備のためのもので、病院でマッサージをしてもらうこともあります。

マタニティ用ブラジャーを用意しましょう

妊娠が進むと、さらに乳腺が発達して一層胸が大きくなり、授乳時にはブラジャー約2カップもサイズが大きくなります。普通のブラジャーではカップが浅く、乳腺の発達を妨げるだけでなく、産後のおっぱいの出が悪くなることもありますので、妊婦の体の変化を考えて作ったマタニティブラジャーをつけたほうがよいです。

マタニティ用ブラジャーの種類

マタニティブラジャーは、伸縮性にすぐれた素材を使っており、締めつけが少なく、サイズ調節もでき、妊娠中の胸の形も整えます。おでかけのときにおすすめです。赤ちゃんが生まれたあと授乳しやすいように、カップを開閉できたりずらしたりできるような形に作られています。

家の中や就寝時にリラックスしたいとき用に、ハーフトップもあります。マタニティブラジャーよりゆったりした作りで、吸湿性の高い綿素材のものが多く、肌触りがいいです。つわりで辛いときにも便利です。

PR