妊娠して喜んだのに. . . 心拍確認後に流産ってあるの?
4,168views

妊娠して喜んだのに. . . 心拍確認後に流産ってあるの?

妊娠6週頃、病院で赤ちゃんの心拍が確認され、これで流産する確率が大きく下がり、ひと安心になります。ですが、妊娠4ヶ月までに初期流産する可能性はありますので、心拍確認後に流産してしまう場合もあります。これは胎児側の要因のため、外部で防げるものではありません。希望を持って次の妊娠を目指しましょう。

心拍確認後に流産!?

heart-213747_640

 

病院で胎児の心拍が確認でき、ママになる実感がわいてワクワクしますよね。不妊治療をされている場合、4週で妊娠判定が陽性反応になり、5週で胎囊が確認され、6週で心拍が確認され、これで不妊治療での妊娠が確かなものになり、もう安心できる段階になります。ところが、心拍確認後に流産してしまう場合もあるのです。

通常は心拍確認されればひと安心だけど . . .

超音波検査で赤ちゃんの心拍が確認される前に流産する確率は約70%、妊娠6~7週頃心拍が確認されてから流産する確率は5%前後に下がるといわれています。心拍が確認できれば、流産の確率が下がるため、ひと安心できると考えられています。心拍が確認されたあと、役所で母子手帳を交付してもらう人もいます。

流産は全体の妊娠の10~15%の確率で起こるといわれています。このうち9割以上が初期流産で、妊娠初期すなわち妊娠4ヶ月までの間に起こります。ですので、妊娠6週ころに心拍が確認されても、妊娠4ヶ月まではまだ初期流産してしまう人はいます。

どんな症状?どんな対応をするの?

流産の症状は出血やおなかの痛み、張りなどですが、本人が妊娠に気づかず月経のように胎児や子宮内でつくられていた組織などの子宮内容物が体外に出てしまい、ほとんど症状がないケースもあります。産婦人科で診てもらい、子宮内容物が体外に排出されなければ、手術によって除去します。

妊娠初期の流産は誰のせいでもない

せっかく妊娠したと思って喜んでいたのに 流産してしまい、ほoんとうに残念なことです。流産すると、自分に原因があったのではないかと自分を責めてしまったり、なかには自分にはもう赤ちゃんが授からないのではないかと不安になったりする人もいます。

しかし初期流産は、胎児の何らかの先天的異常による、胎児側に原因があるものが多く、母体や外部でいくら気をつけても、防げるものではありません。決してママのせいではありません。その後また妊娠し、出産する人もたくさんいますので、希望をもちましょう。

心拍確認後の流産の原因と、母体で気をつけること

心拍確認後に流産する原因としては、子宮頸管無力症、子宮内感染(絨毛羊膜炎)、前期破水などにより陣痛を抑制できず流産してしまうこと、が約半数を占め、それに次いで、原因不明による子宮内の胎児死亡、先天異常が挙げられます。初期流産は母体で防ぎきれるものではありませんが、妊娠中、やはり気をつけるべきことは気をつけておきましょう。心に余裕ができ、リラックスして妊娠を継続できます。

体を温めよう

chihuahua-633962_640

とにかく妊娠中は体を冷やさないようにしましょう。とくにお腹や腰、足先や手先、は着込んてあたためて!

動く時は無理をしないようにしよう

妊娠初期にはあまりお仕事をお休みできませんよね?ですがやはり体に負担がかかるもの。仕事も家事も、普段なら「あとちょっと無理しちゃおう」と思ってしまうところを無理しないように決断しましょう。

ストレスをためないようにしよう

shutterstock_77950216

もちろんストレスのない生活なんてありえないのですが…ストレスをためると体調を崩すなど体に影響が出てきます。過度なストレスの場合は周りの助けを借りて解消する方法を模索しましょう。また自分の中でほっと息をつけるような息抜き方法を見つけておくのもお勧めです。

初期流産を繰り返してしまう場合は要注意

心拍確認後でも流産してしまうことはありますが、初期の流産については、胎児による要因で仕方ないことで、以降の妊娠でも、通常いわれているように心拍確認できればまずはひと安心してください。ただし、もし初期流産を2~3回繰り返してしまう場合には、習慣流産や不育症の可能性もありますので、いちど病院で検査を受けてみてください。

PR