妊娠初期のカンジタ感染は お腹の赤ちゃんに影響がある?
78views

妊娠初期のカンジタ感染は お腹の赤ちゃんに影響がある?

妊娠初期のカンジタ感染に掛かると、お腹の赤ちゃんは大丈夫なのだろうかと心配になりますよね。妊娠初期のカンジタ感染の症状や原因、治療法についてご紹介しましょう。カンジタ感染を予防する方法についてもお伝えします。

妊婦健診でカンジタ感染!お腹の赤ちゃんは大丈夫?

妊婦健診を受けると、カンジタかどうかを検査してもらえます。妊娠初期のカンジタ感染に掛かったという方は多くいらっしゃるようです。妊娠初期のカンジタ感染をすると、一番不安なのはお腹の赤ちゃんへの影響ですよね。赤ちゃんに影響があるのかどうかということや、カンジタ感染の症状や原因、治療法・予防法についてご紹介しましょう。

妊娠初期のカンジタ感染はどんな症状?

妊娠初期のカンジタ感染の症状

カンジタ感染は、おりもの異常の病気です。おりものは、ヨーグルトや酒粕のような少しパサパサとしたような状態になり、白色や黄緑色の色になります。また、外陰部の炎症がひどくなり、赤くかゆみを伴います。妊娠初期の妊婦健診で、カンジタ感染をしているということが分かることも多く、その場合は産婦人科医が薬を処方してくれます。

妊娠初期のカンジタ感染の原因は?

カンジタ感染をするのは、自分自身が持っている膣内の常在菌であるカンジタ真菌が増殖することにより起こります。自分が持っているカンジタ真菌が、免疫力の低下で増殖してしまいって起こるのです。また、風邪薬などの抗生物質でもカンジタ感染が起こります。抗生物質を飲むことによって膣内の善玉菌までがやっつけられてしまい、カンジタに感染をしてしまいます。

妊娠中は、体の抵抗力が弱くなるため、カンジタに感染しやすくなります。妊娠そのものがカンジタ感染をおこしやすくなっているため、おりものやかゆみが気になれば、妊婦健診時に医師に相談をしてみると良いでしょう。

妊娠初期のカンジタ感染の治療法

妊娠初期のカンジタ感染の治療法

カンジタ感染の治療は、膣内を洗浄してカンジタ真菌の増殖をおさえる薬を入れる方法があります。1週間効果のある膣剤を1つ入れるタイプと、毎日1つずつ膣内に入れるタイプの薬があります。また、外陰部が赤くなったりかゆみを伴う場合は、塗薬も処方してもらえます。

妊娠初期のカンジタ感染の予防法

妊娠初期のカンジタ感染を予防する方法ですが、妊娠中は抵抗力が落ちているため、普段の予防法をしていても感染してしまうことが多くあるかもしれません。ただ、カンジタ真菌が増えやすい環境をつくることを避けることが大切なので、湿気をつくらないように注意をしておくと良いでしょう。

下着の素材についてですが、綿100%の通気性のよいものをつけるようにしましょう。また、厚手のパンツやガードルなど締め付けてしまうものは、湿気をつくってしまいがちです。妊娠初期はお腹をしめつけるようなものは避けた方が良いため、履くものにも気を配りましょう。

おりものが気になるので、おりものシートを使われている方がいらっしゃるかもしれませんが、おりものシートは通気性があまりよくありません。なるべく使わないようにすることが大切です。

妊娠初期のカンジタ感染、お腹の赤ちゃんへの影響

妊娠初期のカンジタ感染の胎児への影響

お母さんがカンジタ感染をしたまま治療をせずに赤ちゃんを出産した場合、生まれてくる赤ちゃんに影響があります。赤ちゃんが通る産道で、お母さんからカンジタ真菌をもらってしまい、鵞口瘡という舌に苔のようなカビがはえてしまいます。また、皮膚炎を起こすような赤ちゃんもいます。ただ、これは妊娠初期のカンジタ感染が分かってから何もしなかった場合のこと。カンジタ感染が分かってから治療をして完治すれば、赤ちゃんには何も影響がないので心配しなくても大丈夫です。

PR