妊娠初期の下痢はホルモンのせい?上手に乗り切る方法教えて!
84views

妊娠初期の下痢はホルモンのせい?上手に乗り切る方法教えて!

妊娠初期の下痢に悩む妊婦さんは多いそうです。下痢くらいだからと、なんとなく不調をかかえたまま過ごしていたり、逆に下痢をすると流産すると信じていて心配で心配でストレスがかかったり。妊婦をとりまく下痢の悩みについて調べてみました。

妊娠初期の下痢に悩むことがあるそうです。
つわりで吐き気があるうえに、下痢までと考えるとつらそう・・・
しかも、そんなカラダで赤ちゃんは大丈夫なのか不安にもなりますよね。
今回は、妊娠初期におきる下痢の原因と受診のポイント、そして緩和策について紹介したいと思います。

妊娠初期の下痢

妊娠と下痢と便秘について

あまり意識がいかないところですが、じつは妊娠は下痢や便秘をおこしやすいそうです。
原因はいくつかあります。
本来腸の働きを抑える作用もあるプロゲステロンという黄体ホルモンが妊娠によって多く分泌され、腸内が不安定になっていることや、妊娠によるホルモンバランスの乱れが自律神経を乱し、排泄機能が上手くいかないなどです。
このように「ホルモン」が原因で下痢になることがあるのです。

妊娠の下痢と便秘

下痢と流産の迷信について

聞いたことがある方もいると思いますが、妊娠中に下痢をすると流産するという噂。
じつはこれ、ちょっとした勘違いです。
下痢と流産はじつは直接的には関係ありません。
たまたま流産された方が下痢の症状が重なったケースであり、下痢が流産の原因ではありませんので必要以上に怖がる必要はありません。
ですが、下痢は不快ですし、赤ちゃんのためにも脱水症状や栄養不足は注意したいところです。

下痢の対処法と予防

市販薬は飲んでいいの?

妊娠中の下痢の治療法

下痢でも基本は自己判断で市販薬を使うことの無いように気をつけましょう。
もし、どうしても薬に頼りたい場合には、産婦人科を受診して処方してもらうのが安心です。
それでも薬に頼らずなんとかしたいと思うのが母親ですよね。
そんな人は「妊娠初期は胃腸の機能が低下している」と考え、食生活や冷えに気をつけましょう。

食べ過ぎていませんか?

脂っぽいものが無償に食べたくなったり、同じ食べ物を気が済むまで食べてしまったり、妊娠中はなにかと消化不良を起こしやすい食生活になりがちです。
これはただでさえホルモンのせいで胃腸が弱っているところにダメージです。
胃腸にストレスがかかります。
また、仕事や家庭の環境が変化して、規則正しい生活が送れていないケースもあります。
休息は大事ですが、昼寝をした結果夜更かししてなんてことを繰り返していると自律神経がもっと乱れてしまいます。

妊娠中の下痢への注意

妊婦は体を冷やさない!

胃に負担が少ない食事、つまり「消化のよい温かい食べ物」をよくかんでいただきましょう。
妊娠中通して、体を冷やさないというのが基本の過ごし方です。
冷えからいろんな不調を引き起こしやすいので、食べ物が飲み物、衣類などカラダを温める工夫をしましょう。
また、もし貧血で鉄剤が処方されている場合、人によっては下痢の原因になることもあるので検証が必要です。
一度、主治医と相談してみてください。

こんな痛みのときは気をつけて

妊娠と痛みは切っても切りはなせなくて、下痢によるお腹の痛みなのか、この痛みは何なのか分からなくなってしまうかもしれません。
激しい腹痛があり、出血を伴う場合は流産の可能性があったり、子宮外妊娠による下腹部痛という危険もあったりします。
下痢とは違う違和感のある激痛や出血があったら迷わず病院を受診しましょう。
また、下痢が水様性で続いているなどの症状があるときは、妊娠によるものではなく、ウイルスが原因だったということもあるので、無理せず病院を受診しましょう。

PR