妊娠初期の出血で鮮血が出ると危険?その原因と対処法はこうする
648views

妊娠初期の出血で鮮血が出ると危険?その原因と対処法はこうする

妊娠初期の出血で鮮血が出た時は心配な症状である場合もあります。気になる症状が出た時は決して無理をせず、大げさだとは思わずにかかりつけの産婦人科を受診しましょう。ここでは、妊娠初期に鮮血の出血が出た場合に考えられる原因とその対処法をご説明します。

妊娠初期の出血は危険?

少量の出血はおこりうる時期

妊娠初期の出血

妊娠初期の出血で鮮血がでたり茶色のおりものが出たりすると、とても不安になります。しかし、妊娠初期ではそれらの症状は起こりがちで少量であれば問題ないといわれることが多いでしょう。医師からそう診察されれば、不安になりすぎずリラックスして安静にし、様子を見ることです。

こんな時は要注意

出血が鮮血で少量でおさまらない、お腹に痛みや張りを感じる、生理の時のように出血量が多いなど異常が見られた時は自己判断をしないでかかりつけの産婦人科へ相談しましょう。人によっては鮮血が出たけれど妊娠が継続できた場合もありますが、流産の兆候だった場合もあるからです。特に初めての妊娠のときには気をつけましょう。

なぜ出血がおこる?

着床の際の出血

妊娠初期に出血する理由

妊娠初期の頃に起こることがある出血の原因のひとつです。個人差があり、ほんの少し茶褐色のおりものが出る場合が多いですがまれに生理の時のような出血がある場合も。
着床の出血は、子宮内で赤ちゃんを育て出産するために必要な胎盤などをつくる過程でおこる生理現象のひとつで気にすることはありません。

成長速度のずれ

赤ちゃんを育てる準備が進むとはいっても、全てがバランスよくできるわけではありません。子宮や胎盤の成長速度にはずれが生じ、少し胎盤が剥がれることや毛細血管が切れることも。そのために出血することがあります。安定期に入れば胎盤が完成し、赤ちゃんを育てる環境が整うために出血はなくなります。

内診後の出血

妊娠初期の内診で出血する可能性がある

妊娠初期の頃の診察は内診になりますが、妊娠で組織がやわらかくなっている子宮にエコーなどの診察器具を使うとちょっとしたことでも傷つき出血することがあります。しばらくすれば出血はとまるので心配はありません。

ポリープがある

出血量が多い場合、子宮口付近にポリープがある場合も。赤ちゃんが順調に成長していてもポリープからの出血がおこることもあります。この場合も受診すれば原因がポリープだと分かるので、出血量が多いと思ったらすぐに病院へ相談しましょう。

流産、切迫流産の兆候

出血量が多い、お腹が痛い、強い張りがあるなどの症状がともなう時は流産のおそれがあるため、すぐに産婦人科を受診しましょう。もし血の塊など組織が出た場合は処分せずに病院へ持っていき検査をしてもらいます。

出血があった時の対処法

心配な時は受診を

出血の量が少量であってもお腹に痛みがあるなど気がかりな症状があるときには、産婦人科にかかりましょう。何ともなければひと安心できるため、大げさとは思わずに診察を受けることをおすすめします。心配なままで過ごすとたとえ順調に育っていたとしてもストレスになってしまいます。

ナプキンをあてておく

出血があり産婦人科を受診する時にはナプキンをあてておくと安心です。もし出血量が急に増えた場合でも焦らずにすみ、自然流産の場合は組織が出てくることもありその場合は組織を病院でみせて検査してもらう必要があるからです。

安静にする

妊娠初期に出血したら安静にする

出血や茶褐色のおりものが出た時は、激しい運度は控えて安静に過ごします。妊娠初期はまだ胎盤などもできあがっておらず不安定な状態のため、できるだけ無理はせずに過ごすのがおすすめです。

PR