妊娠初期に眠りが浅いのはなぜ?眠りが浅くなる理由と上手な睡眠方法
275views

妊娠初期に眠りが浅いのはなぜ?眠りが浅くなる理由と上手な睡眠方法

妊娠初期に眠りが浅いと感じる方は多く、まとまった時間を眠れずに困る方もいます。しかし眠りが浅くなるのは異常ではありません。妊娠をし、ホルモン分泌の急激な変化によっておこるもので、多くの妊婦さんが経験しています。ここでは眠りの浅くなる理由や上手に眠る方法を解説します。

妊娠初期に眠りが浅いのは本能

妊娠する前はどのような時でもぐっすり眠れたという人でも、妊娠したらすぐ目が覚めるようになったという場合もあります。しかしこれは異常ではなく本能的なもので、お腹の赤ちゃんを守ろうとする体の働きからくるものです。

なぜ眠りが浅くなるの?

ホルモンバランスの変化

妊娠初期に眠りが浅いのは本能

妊娠すると急ピッチで赤ちゃんを育てる環境づくりが始まります。特に妊娠初期はホルモンバランスの変化が大きくなる時期で、その影響から眠りが浅くなるといわれています。
ちなみに新生児の眠りと似ているとも。

産後に慣れさせるため

妊娠初期に眠りが浅いのは産後のため

出産後の新生児のお世話は24時間で、ぐっすり長時間眠れることはあまりありません。その生活環境に慣れさせるために、眠りが浅くなるともいわれています。
妊娠中も仕事を続けている場合、翌日に仕事があるけれど眠れないと不安になるかもしれませんがそういうものと割り切って、休める時に小まめに休む工夫をしましょう。

上手に睡眠をとる方法

抱き枕を使う

妊娠初期はまだお腹がそれほど目立っておらず、どのような寝方もしやすいもの。ですが、人によってはうつ伏せに抵抗があったり仰向けが辛かったりということもあります。
そのよう場合は抱き枕を抱えて横向きにして眠ります。体をやさしく預けられるので気持ちよく休めるでしょう。

寝る前の水分を控える

妊娠初期に眠りをとるための方法

妊娠するとトイレに行く回数が多くなりがちです。夜、眠りが浅いことに加えてトイレにも行きたくなってしまうとさらに目が覚めやすくなるため、水分は日中にきちんととり寝る前は控えるようにしましょう。

カフェインを控える

妊娠するとアルコールやたばこをやめるよう言われていますが、カフェインもできればやめておきたいもののひとつです。妊娠初期は特に眠くなりがちで、仕事中目を覚ますためにコーヒーなどを口にしたくなるもの。ですが、カフェインも胎盤を通り抜けて胎児へ届いてしまうため赤ちゃんへの影響が全くないとはいいきれません。
また、一層夜眠れなくなる原因になるためカフェインの入ったものは避けておくのが安心です。

とにかくリラックスする

妊娠初期に眠りのためにリラックスする

心配事が重なると余計に眠れなくなるため、あまり眠れなくてもそういうものと考えてリラックスすることです。静かな音楽を聞いたり、寝る前に肩や手のひらなどのツボもみほぐしたりするとたとえ短時間の睡眠でもよく休めた気持ちになれます。ツボ刺激は、妊娠初期にしてはならないツボもあるため、知識があってももう一度確認してから刺激をおこないましょう。

日中でも上手に休む方法

休憩時間に仮眠

デスクワークをしている場合、休憩時間は仮眠をとるのがおすすめです。立ち仕事の場合は休憩室やトイレなどで少しの間でも目を閉じてみましょう。それだけでも少しは体を休められるため、その後の仕事がしやすくなります。

家にいる時は横になれる場所を用意

妊娠初期に眠りをとるための日中の過ごし方

休日や家で過ごしている時には、できるだけ横になれる場所を用意しておきます。ソファでも畳の部屋にクッションを置いておくなどでも構いません。
小さなお子さんがいる場合、お昼寝の時間は一緒に横になって休むようにします。するとお子さんのお世話をしながらの妊娠生活であっても休む時間がとりやすくなるでしょう。

PR