女性として知っておきたい妊娠初期のおりもの!
679views

女性として知っておきたい妊娠初期のおりもの!

妊娠初期の段階はなかなか自分で妊娠している事に気がつかないものです。妊娠初期のおりものの変化について知っておくと妊娠しているかどうかを知ることが出来ます。またおりものに血が混じっていたり、薄茶色になっている場合もあります。鮮やかな血が混じっていると流産の可能性があるので、病院で診てもらいましょう。

妊娠初期のおりものはいつもと違う!

妊娠初期ってどのくらいの時期を指すの?

妊娠初期のおりもの

妊娠初期はだいたい二週間後ぐらいからの時期のことを指します。まだ妊娠検査薬では反応が薄い頃です。

普段よりもなんだかおりものの量が多くなる!

妊娠初期のおりものは普段のときよりも量が増えるのが特徴です。やけにおりものの量が増えて、べたつくような不快感があります。量が増えてきたら、下着をこまめに変えたり、おりものシートを利用するようにするとよいでしょう。

受精卵が着床した日も解る!

妊娠初期のおりもので受精卵の着床日がわかる

なんと受精卵が着床した日も、おりものの状態で知ることができます。精子と卵子が結びついた後、受精卵は子宮へ着床します。その着床した直後からおりものにも変化が出てきます。おりものが水のような状態になり量が大量に出てきます。

だんだん白くなってきます

透明で水のような状態のおりものが、だんだん色が白くなってきます。白から黄色、少し茶色っぽいぐらい状態になってきます。薄茶色のおりものを見ると、出血があったのかと心配になりますが、これは受精卵が子宮に着床した時につく着床による出血です。茶色になったわけは、時間が経ち酸化したからなのです。

危険なサインの妊娠初期のおりもの

鮮血が混じっていると危険な印

おりものに鮮やかな血が混じっていたり、ピンク色をしていることがあります。酸化した血は茶色なのに対し、色が綺麗だと、現在子宮の中で血が出ていることを意味します。流産の可能性や、子宮のどこかで出血がある可能性も考えられます。病院を受診して診てもらいましょう。

おりものがなんだか臭い!

妊娠初期のおりものの危険なサイン

普段はなんとなく酸っぱい匂いがしますが、妊娠初期のおりものはあまり匂いは感じません。

しかしおりものの状態が白くチーズのカスのようになり、臭い匂いをするようになったら、膣カンジタになっている可能性があるので、すぐに病院へ行きましょう。カンジダはカビの一種で、誰でも持っている常在菌です。

病院へ行き、膣内に菌を殺す薬を入れることによって、治すことができます。妊娠中も菌を殺す薬を使用することができるので、安心してください。

妊娠初期は、身体が疲れやすく、免疫力も低下していることが多いため、かかりやすいのです。またおりものの状態が灰色のようになっていると、非特異性腟炎になっている可能性があります。痒みがあり、チクチクとした刺激もあります。

おりものシートをこまめにかえないと不潔に!

妊娠初期のおりもの対策

妊娠初期のおりものは下着が濡れてしまうほど、大量に分泌されています。おりものシートを上手に使ってうまく乗り切りましょう。

またおりものシートをこまめにかえないと、湿度が高くなり雑菌が繁殖しやすくなります。陰部が赤く炎症してしまう原因にもなります。カンジダなどの膣炎にもなりやすくなるので、トイレに行くたびに交換しましょう。

特に夏場は蒸れやすいので、さらに注意が必要です。おりものシートは蒸れやすいので、布ナプキンなどを利用すると、汗やおりものの水分コントロールをうまくしてくれるので、蒸れが少しでもやわらぎます。

普段からおりものの状態を知っておくことがポイント

日々の生活に追われていると、自分のおりものの状態をあまり観察することはないという方が多いのではないでしょうか。しかし普段からおりものの状態をしっかり見ておくと、自分の身体の変化にいち早く気が付くことができます。

PR