妊娠初期の腹痛!心配のないものから、異常妊娠まであります。
155views

妊娠初期の腹痛!心配のないものから、異常妊娠まであります。

妊娠初期の腹痛は、ほとんどの場合心配することはなく、軽い腹痛であればほとんどの妊婦さんが経験しています。危険なのは異常妊娠や、流産です。自己判断はせずに、どんな場合でも産婦人科を受診して診てもらう必要があります。

妊娠初期の腹痛とは?

妊娠初期の腹痛はこんな痛みがあります

妊娠初期の腹痛はこんな痛みがあります

妊娠初期の腹痛の原因は、妊娠したことによってホルモンのバランスが崩れるために起こります。赤ちゃんがこれからお腹の中で成長していくために、身体の中では準備を始めていきます。たとえばこれから大きくなる赤ちゃんのために、子宮が広がろうとする痛みや、胃や腸などが引っ張られるために下腹部に痛みが生じてくるのです。痛みの程度には個人差があり、また痛みの感じ方も人それぞれです。下腹部が引っ張られるように痛いという方もいれば、足のつけ根がチクチクと刺激されるように痛くなったり、お腹の肉が引っ張られ、張るような痛みや、胃が持たれたように鈍い痛みがあります。

妊娠初期なら多少なりとも誰でもあります

 

初めて妊娠された方の場合、妊娠初期の腹痛はとても不安なことでしょう。でもこの腹痛は妊婦なら多少たりともあるものなので、まずは心配することはありません。妊婦検診のときに、何か異常があれば医師から何か言われますので、安心してください。

危険な腹痛もあります!

異常なほど痛い場合はすぐに病院へ

異常なほど痛い場合はすぐに病院へ

妊娠初期の腹痛で、異常なほど痛い場合には、病院へ行きましょう。出血がある腹痛の場合だと、子宮外妊娠や、流産などの可能性が考えられます。また出血がない場合には、子宮外妊娠や胎児がお腹の中で死亡している可能性も考えられます。

子宮外妊娠の可能性

子宮以外の場所に妊娠している場合のことを子宮外妊娠と呼びます。卵管に受精卵が着床しとどまった状態で受精卵が大きくなると、やがて卵管が破裂し、激しい痛みを感じることがあります。妊娠初期の検査ですべてわかることなので、妊娠検査薬で陽性反応が出たらすぐに産婦人科を受診しましょう。

流産の可能性

酷い生理の時のような痛みが続きます。大量の出血があることもあります。

切迫流産の可能性

切迫流産はこれと言って治療方法がありません。一時的に薬を使用して様子を見る場合もありますが、安静するように医師から指示されることが多いでしょう。切迫流産と言われてもそのまま安静を続けていれば、そのうち状態が安定していく場合も多いので、産婦人科医の指示に従いましょう。

胞状奇胎の可能性

妊娠検査薬で確認すると、陽性反応がありますが、子宮の中ではたくさんのちいさな袋状のものができてしまう異常妊娠です。手術によってお腹の中を綺麗にする手術を行わなければなりません。

稽留流産の可能性

子宮の中で赤ちゃんの成長が止まってしまい、赤ちゃんがお腹の中で死んでしまっている状態です。このまま放置しておくと、母体が感染してしまい、激しい腹痛を感じることもあります。子宮の中に残ってしまった胎児などをお腹の外に出す手術が必要になります。

子宮円索が引っ張られている可能性

子宮円索というのは、子宮を支えている組織のことです。子宮から足に向かって伸びている組織なのですが、妊娠中期に痛みを感じることが多いのですが、ごくまれに妊娠初期の段階でも痛みを感じる場合もあります。

どんな痛みでもやはり相談するのが一番です

妊娠初期の腹痛はまず医師に相談しましょう

妊娠初期の腹痛はまず医師に相談しましょう。相談することで、何もなければひとまず安心することができるし、何か異常事態があれば、すぐに対処すれば解決できることもあります。特に子宮外妊娠で卵管で受精卵が着床してしまうと、早い段階で処置すれば、痛みも少なく処置することができますが、妊娠していることに気がつかず、病院に行くのが遅れた場合には、母体に命の危険が及ぶこともあります。

PR