妊娠初期にレントゲンを撮っても大丈夫?胎児に影響はないの?
337views

妊娠初期にレントゲンを撮っても大丈夫?胎児に影響はないの?

妊娠初期にレントゲンを撮ってしまった人、或いは、妊娠と気づかないでレントゲンを撮った人にとって、放射線の影響が気になります。不安ですよね?胎児にどのような影響があるのでしょうか?レントゲンの放射線量はどれくらいなのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

妊娠初期にレントゲンを撮っても大丈夫?

妊娠初期のレントゲン撮影の影響

妊娠をすると、様々なことが気になるようになります。赤ちゃんへの期待の反面、心配事も増えてきます。その中でも特に心配なのが、レントゲンです。会社の健康診断で撮ってしまったり、歯医者さんで撮ってしまったりと、妊娠初期や、妊娠に気づかないうちにレントゲンを撮ってしまったら、まず放射線の影響がどうなのか?と心配になります。胎児に影響はあるのでしょうか?詳しくみていきましょう。

レントゲンの放射線の量は?

レントゲンの放射線量

レントゲン撮影において、1回あたりの放射線の量はどれくらいでしょうか?妊娠初期だと特に気になります。では、具体的にみていきましょう。国際放射線防護委員会によると、妊婦さんが放射線に被ばくしたときの胎児に影響がでる放射線量を、しきい値といい、妊娠初期に先天性異常が生じるとされるしきい値を約100mGyと定めています。その量以下ですと、胎児に影響が出るとは考えにくいとされています。しかも、レントゲン一回の胎児が受ける放射線量は、胸部で0.01mGy以下、腰部で1.7mGy、腹部で1.4mGy、骨盤で1.1mGy とされています。つまり、検診などでレントゲンを数枚撮っても危険なことはないと考えられています。

妊娠初期このままでいいの?

放射線量についてお話ししてきました。確かに、レントゲンであびる放射線量はたいしたことありません。しかし、妊娠中のレントゲンは、撮らないに越したことありません。いくら放射線量が少ないからといって、ゼロではないわけです。妊婦さん自身が、不安をかかえて出産をむかえることになりかねません。もし、健康診断でレントゲンを撮る事があったなら、まずは、妊娠の初期であること、妊娠の可能性があることなどを、医師やレントゲン技師に伝えましょう。専門家のアドバイスを聞けば、もし撮ることになっても安心感があります。妊婦さんの精神面は、周りの人がケアしてあげることが大切です。

レントゲンの撮影部位で危険度は違うの?

歯医者さんで歯のレントゲンを撮ることありますよね。また、健康診断では、胸部レントゲンを撮ります。これらは、子宮から離れており、胎児には全く影響がないとされていますので、安心できますね。骨盤や腰部のレントゲンはどうでしょう?確かに子宮には近いですが、しきい値が本当に微量ですので、まず問題ないといってもいいでしょう。レントゲン技師たちもそのようにコメントしているようです。胎児から離れていたら、安全ですが、骨盤や腰部でも、リスクは考えにくいということです。

最後に

妊娠中のレントゲン対策

レントゲンによる放射線量についてお話ししてきました。レントゲンがいかに微量の放射線しか出していないということがわかりました。しかし、妊娠中や妊娠の可能性がある場合は、必要以上に放射線をあびないほうがいいですよね。特に、妊娠に気づかずにレントゲンを撮ってしまったら、不安が残ります。まずは、医師やレントゲン技師に伝えることが大事です。もしかしたら、事前の問診などで聞いてくれるかもしれませんね。モヤモヤしたまま妊娠生活を送るのは、精神衛生上よくありません。なによりも大切な命を育んでいくのですから。出産まで、穏やかにゆとりをもって過ごしたいものです。

PR