妊娠初期の口の中の違和感が!原因はスッキリさせる方法とは?
8,773views

妊娠初期の口の中の違和感が!原因はスッキリさせる方法とは?

酸っぱかったり苦かったり、だ液がたくさんでてしまったりと妊娠初期の口の中の違和感、いったいどうしたんだろう?この違和感ってどうして起こるの?いつまで起こるの?スッキリさせるには何か方法があるのか?しっかりチェックしていこう!

妊娠初期の口の中の違和感、皆はどんなことで悩んでいるの?

だ液が普段よりたくさん出てきてしまう・・・

妊娠初期は唾液の量がかわってくる

妊娠初期初期の体調の変化の代表といったら「つわり」ですよね。もちろん「つわり」もつらい変化なのですが、「口の中の変化」もとってもツライんです!いったいどんな変化があるんでしょうか?一緒にチェックをしていこう!

実はだ液は普通に生活しているときでも口の中で分泌し続けられています。だ液はとっても口の中で働き者。口腔環境を整える上でだ液は大切ですよね。でもたくさん口の中にあり続けられるとそれはうっとうしいもの。だ液がたくさん口の中にある感じがするのは喉が通りにくくなっているからで、知らず知らずのうちにだ液が溜まってしまうのです。

とは逆に減ってしまうことも!!

そもそもつわりがひどいときなので食べたいといった欲求が減ってしまうときでもあります。そうするとだ液の分泌が自然と減ってしまうことで、口の中が乾いてしまうんですね。

だ液で困っている場合は口の中の環境を改善する必要があります。アメやガムなどを口の中に入れ、普段とちょっと変えてみてはどうでしょうか?乾いている人は潤い効果もありますし、だ液が多すぎるひとはアメなどをいれることによってだ液を飲み込むことに抵抗がなくなってくる場合があります。常に甘いものだと虫歯などの原因にもなるので、そんなときには”キシリトール配合”のもの選ぶものいいですね!あとは「氷」を口の中にいれるといいといった体験談もありますよ!

何を食べても後味が酸っぱい!!

妊娠中は口の中がずっと酸っぱい?

これは私自身も妊娠中に経験したのですが、何を口にしても後味が酸っぱいのです!レモンやグレープフルーツといった柑橘系のものを食べた後に酸っぱいというのであれば違和感もないのですが、ごはんを食べても、チョコなどの甘いものを食べても”酸っぱい”といった後味を感じるのです!それはもう・・・ツライ。

妊娠中における味覚の変化のひとつのようですが、あるときからパタッと治まってくれます。酸っぱいといったときはツライですが、最後に柑橘系のデザートを用意したり、炭酸水を飲んだりすることでスッキリとすることができるので試してみてくださいね!

口の中が苦い!!

酸っぱいのと同様に苦く感じるといったこともあるそう。味覚の変化なのでしょうが、とてもツライことですよね。そんなときには歯磨きをして気分転換をしてみてはどうでしょうか?つわりがピークの人は歯磨きですらツライでしょうが、そうでなければ歯磨きはスッキリもするし、虫歯予防にもなります!

虫歯になりやすい環境に!

妊婦さんはカルシウム不足で虫歯になりやすい

妊婦さんは気分転換として何かを口にしている人が多かったりします。それでなくても妊婦さんというのはお腹の赤ちゃんへカルシウムをあげているので、カルシウム不足となり、虫歯にもなりやすいとされています。それに加えつわりで歯磨きがしにくい・・・。とても悪循環です。ぜひともつわりのピークを過ぎてからでいいので、妊娠中の歯科検診をオススメします。簡単な治療であれば麻酔なしでも治療できます。虫歯だけは自己治癒で治すというわけにはいきませんからね・・・。

最後に

いろいろなパターンをチェックしていきましたが、どうでしたか?妊娠している間、つわりを含め身体になにも変化がないといった妊婦さんはいません。何か変とひとりで悩まず、調べてみたり、かかりつけの産婦人科医、もしくはお友達に相談してみてくださいね!

PR