あれ?おならがたくさん!!妊娠初期に溜まるガスを軽減する方法
1,242views

あれ?おならがたくさん!!妊娠初期に溜まるガスを軽減する方法

妊娠中にお腹が痛いなと思って病院へ行くと、ガスが溜まっているなどと診断されることはよくあります。また、特に妊娠初期はおならが出やすく、恥ずかしい思いをする方も多いようです。ここでは、妊娠初期に溜まるガスの原因をしっかり知り、妊娠中のおならへの対処法を紹介します。

妊娠初期になぜガスが溜まるのか?

女性ホルモンが原因

妊娠初期にガスが溜まる

妊娠をすると、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンが働き、流産を防ぐため子宮が収縮しないよう筋肉が緩み、受精卵を守る体に変化します。

また、ホルモンバランスが変化すると、交感神経が影響され、腸の働きが不安定になり、ガスが溜まりやすくなります。要するに、女性ホルモンの変化で胃腸や子宮が変化することが妊娠初期にガスが溜まる原因だと考えられています。

おならがたくさん出るようになったら「妊娠したかも!」と考えても良いですね。

便秘が原因

妊娠初期のガス溜まりは便秘が原因

ホルモンが変化すると、同時に胃腸の筋肉の働きも弱まり、便秘を招くことが多いです。また、赤ちゃんと羊水ができてくると、腸や膀胱が圧迫され便秘や頻尿を引き起こすとも考えられています。
そして、お腹の中で停滞した便からガスが発生し、それがお腹に溜まると、痛みや張りを感じるようになり、おならが出やすくなります。また、おならの臭いも臭くなる傾向があるんですよ。

おならが出てしまうのは恥ずかしいですが、我慢してしまうとさらに便秘がひどくなります。従って、できるだけおならは我慢しないようにしましょう。

お腹に溜まったガスを減らす方法

妊娠初期に溜まるガスの原因については分かりましたか。ある程度は仕方のないことと思っていても、女性なので少しは軽減したいですよね。ここからは、お腹に溜まったガスを減らす方法を教えます。おならに悩んでいる妊婦さん必見ですよ!!

食物繊維の多い食材を積極的に摂取する

お腹に溜まったガスを減らす方法

妊娠初期に溜まるガスを減らすには、まず便秘を解消することを考えましょう。まずは、イモ類やゴボウなどの繊維質の多い食べ物を積極的に摂ると、便秘が解消されます。これらの食べ物は、胃で消化されずに大腸まで届いてから分解されて炭酸ガスやメタンガスになります。このおならの臭いはないですよ。

オリゴ糖を積極的に摂る!!

腸の中には、善玉菌と悪玉菌があり、善玉菌が多いと、変なガスは発生しません。従って、善玉菌を増やすためにオリゴ糖が入った食品を積極的に取り入れましょう。

オリゴ糖は、砂糖の代わりに使うとたくさん摂取できますよ。もちろん、便秘解消にもなります。

朝一番に冷たい水を飲む!!

水を飲んでお腹に溜まったガスを減らす

朝一番に冷たい水を飲むと、腸が活発に動き、便秘が解消されます。これなら簡単に取り入れられますよね。

軽い運動をする

運動は、便秘解消に効果があります。マタニティヨガや散歩、マタニティビクスなどを積極的に行いましょう。運動をすれば、気分転換にもなりますよ。また。またヨガのポーズの中には、ガスを抜くのに効果があるポーズや便秘解消のポーズもあります。

決まった時間にトイレへ行く

朝、ゆっくりトイレへ行く時間を作りましょう。なかなかすぐに出ないでしょうが、繰り返していると、決まった時間に便意を催すようになりますよ。

おならは我慢しない!!

妊娠中におならが出やすくなってしまうのは、仕方のないことです。人前でおならをするのは、恥ずかしいと感じる方も多いでしょうが、我慢し過ぎてしまうと、体調を崩したり、肌トラブルを引き起こす可能性があります。
従って、おならが出そうな時には、無理せず自然に任せて出してしまいましょう。周囲の方に、理解してもらうようにすることも大切ですね。

PR