妊娠初期の茶おりものが出るのは危険!?出てしまう原因と対処法について!
375views

妊娠初期の茶おりものが出るのは危険!?出てしまう原因と対処法について!

妊娠初期の茶おりものが出たことのある妊娠経験者の方は多いと思います。しかし初めての妊娠で茶おりものが突然出てきてしまうととても驚いてしまうと思います。ただでさえ不安なのにさらに精神的な負担が大きくなってしまいますよね。負担を少しでも和らげるために、茶おりものの原因や対処法について知っておきましょう!

妊娠初期の茶おりものを体験する妊婦さんはとても多い!

妊娠初期症状の一つに茶おりものというものがあります。これは茶色いおりもののことで、多くの妊婦さんが経験するものです。この茶おりもので妊娠に気が付く妊婦さんも多いです。突然茶おりものが出てきても慌てないように事前によく知っておくことが大切です!

茶おりものの正体とは!?

妊娠初期の茶おりものとは

茶おりものというのは、その名の通り茶色いおりもののことです。おりものというのは、通常白色やクリーム色、透明です。膣の中に菌が入らないように保護してくれている大事なもので、月経周期によって色や粘り気などが変わり、自分のリズムを把握するために役立つものでもあります。

そんなおりものが茶色くなるのは、おりものに血が混ざっているためだと考えられます。この血は、妊娠したことによって子宮が大きくなった際に毛細血管が切れたときに出た血です。この血が混ざり茶色のおりものとして体の外に排出されます。

茶おりものが出るのは危険なの!?

茶色のおりものが出てしまったからと言っておなかの中の赤ちゃんに悪い影響があるのかというとそうではありません。妊娠初期であれば、だれにでも起こりうることなので、痛みや赤い血が混ざっていなければ特に心配をする必要はありません。

茶おりものでもこんな場合は注意が必要!!!

おなかがはったり痛みがあるときは気を付けて!

妊娠初期の茶おりものの注意

毛細血管が切れたことによる茶おりものの場合は痛みがありません。普通のおりものが出ているときと同じで自覚症状は何もないのです。
しかし、茶おりものが出るときに痛みを伴ったり、おなかが張ったりすることがあればそれは危険な状態です。最悪の場合流産してしまう場合もあります。

赤っぽいおりものが出てしまったとき

茶おりものが赤くなったりピンクっぽくなったりした場合はどこかで出血が起きているということを表しています。赤ちゃんと子宮や胎盤の成長のスピードがずれてしまった場合に胎盤がはがれることによって血が出ることがあります。
この血が混ざると赤いおりものとして排出されます。血の量が多い場合は流産の危険性が高いのですぐに対処しなければいけません!

茶おりものが出てしまった時にはどうしたらいいの?

まずはとにかく安静にしましょう

妊娠初期に茶おりものが出た時の対処法

痛みなどを伴わない心配のいらない茶おりものが出た際にはとにかく安静にすることが基本です。心配しなくても良いとされていても体のどこかで出血が起きているので無理に動くのは禁物です。出血がひどくなってしまうかもしれません。
妊娠初期はまだおなかも大きくないのでついつい動いてしまいがちですが、妊娠中は絶対に無理はしてはいけないのでちょっとでもつらいと感じたら積極的に休むようにしましょう。

痛みを感じたらすぐに産婦人科に行きましょう!

痛みやおなかの張りを伴う茶おりものだったり、赤い血が混ざったおりものが出た時などすぐに対処が必要な場合には産婦人科にすぐに行きましょう。流産の場合もあるので我慢は絶対してはいけません。

妊娠初期はとにかく大切な時期!

妊娠初期のおなかの中では、赤ちゃんは一生懸命体のいろいろなパーツを作っています。何度も細胞分裂を繰り返して、人間の姿に近づいていきます。この時期には奇形のリスクが高くなります。

妊婦さんはおなかが小さいからと言って普段通りに過ごすのではなく、自分が母親だという自覚をしっかりと持って生活するようにすることが大切です。

PR