知っておきたい体外受精の着床しやすいオプション
356views

知っておきたい体外受精の着床しやすいオプション

体外受精や顕微授精の着床しやすい最新技術をまとめました。何度も体外受精を失敗すると肉体的にも精神的にも経済的にも負担が大きくなります。そこでご紹介するのが医療側で着床率を上げる技術です。オプションとして取り入れているクリニックもあるのでチェックしてみてください。

体外受精でなかなか妊娠できない…

体外受精でなかなか妊娠できない

体外受精とは、子宮外で精子と卵子を受精させ、子宮に戻して妊娠を試みる不妊治療です。着床率はおおよそ30%~40%ですが、通院の手間や採卵の苦痛、高額な費用をともないますのでなかなか妊娠しないと辛いものです。身体への負担も大きいですし、せっかく戻しても妊娠できないと悲しい気持ちになります。

着床のために患者側で気を配ることはもちろんですが、医療側では体外受精で着床率を上げる最新技術がいくつかあることをご存知でしょうか。
通院中のクリニックでこのようなオプションがないかチェックしてみたり、実施している病院を探して相談するのも良いかもしれません。

胚盤胞移植

体外受精の胚盤胞移植の方法

通常の体外受精や顕微授精では2日~3日の受精卵を子宮に戻します。近年では受精卵の長期培養が可能になり、胚盤胞まで成長した受精卵を子宮に戻すことができるようになりました。胚盤胞移植のメリットは、ズバリ、着床しやすいことです。

まず、育った受精卵を選別したことになりますので移植したのに育たなかったということが少なくなります。また、子宮の状態がより着床しやすくなっていますし、5日~6日目での着床はより自然妊娠に近いといわれています。

デメリットは受精卵がどれも成長しなかった場合は移植自体ができなくなってしまうことです。良好な胚盤胞が得られない患者さんだと妊娠率が上がらないということも指摘されています。

アシステッドハッチング

体外受精のオプションアシステッドハッチング

孵化補助法(アシステッドハッチング)は胚盤胞移植の場合に選択することができます。
胚盤胞には透明膜という卵の殻のようなものがあります。特に女性の年齢が上がるとこの透明膜が分厚くなってしまい、着床率を下げてしまうのです。
そこで、アシステッドハッチングでは透明膜に傷をつけたり、透明膜を除去して子宮に移植します。

デメリットとしては透明膜を除去したことにより一卵性双生児の確率が上がるという報告があります。また、透明膜を除去することによる未知のリスクがあるかもしれません。
37歳、あるいは39歳以上の女性や、透明膜が肥厚している方に適応しているクリニックが多いようです。

凍結胚移植

凍結胚移植とは胚を冷凍して次回以降の周期に移植することを指します。新鮮な受精卵の方が良さそうなイメージがあるのに何故わざわざ冷凍するのか疑問に思う方も多いかと思います。

着床がしにくい方の特徴の一つに子宮内膜が薄いということがあげられます。凍結胚移植では、ホルモン補充や自然周期で子宮内膜が厚くなったときに移植できるというメリットがあります。凍結胚移植を実施すると着床率が大きく上がります。特に年齢が高い場合は凍結胚での成績が良くなります。
凍結胚移植の中でも、子宮内膜の薄い人は自然周期での移植に効果があるといわれています。
新鮮胚移植で余った受精卵を使って新鮮胚移植と凍結胚移植を併用することもできます。

デメリットで一番大きいのは費用がかかることです。また、数は少ないのですが凍結や溶解中に受精卵がダメになったり劣化することもあります。

生殖医療は日々進化しています

不妊治療は日進月歩で進化を続けています。これからもより着床しやすい技術が生まれてくることでしょう。
しかし、最新治療には未知のリスクの可能性がまだ否定できません。医療機関とパートナーと三人四脚でご自分に合った治療法を模索してください。

PR