不妊の4割は男性が原因!?男のブライダルチェックも大切!男のブライダルチェックの内容・費用
601views

不妊の4割は男性が原因!?男のブライダルチェックも大切!男のブライダルチェックの内容・費用


男のブライダルチェックについて教えて!

男のブライダルチェック

男性でブライダルチェックをしたという方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

ブライダルチェックというと、女性の検診だと思われている方が多いのかもしれません。不妊で相談にこられるカップルの4割が、男性に原因があるということをご存知ですか?フライダルチェックは女性だけでなく、男性にも必要なのです。

男性のブライダルチェックの内容や費用、どこで検査を受けるのかについてご紹介しましょう。

男のブライダルチェックはどこでする?

男性のブライダルチェックは、泌尿器科やメンズクリニックなどで行うことができます。また、産婦人科の中には、女性のブライダルチェックと一緒に男性も受けられるところもあります。

カップルで産婦人科で受けたい場合は、事前に可能かどうか、問い合わせをしてみましょう。

男のブライダルチェックの内容

男のブライダルチェックは、問診から始まり、血液型検査や風疹抗体検査、梅毒検査やHIV抗体検査などがあります。

大きく分けると、血液を採取する検査と尿検査の2つです。女性の場合は、膣内を診る超音波検査がありますが、男性の場合はありません。

男のブライダルチェックに掛かる費用

どの検査を受けるのかによって、ブライダルチェックの費用は異なりますが、基本的な検査の場合、15,000円から20,000円程度の費用をみておくと良いでしょう。

男性の基本的な検査には、問診と血液・尿検査や、風疹抗体・梅毒検査などが入っています。基本の検査以外で、精子精液検査や糖尿病検査などのオプション検査を受けることもでき、オプション検査の内容によって、3,000円から10,000円程度の追加費用が掛かります。

赤ちゃんを希望するカップルにおすすめの検査

男のブライダルチェックの内容

 

結婚後、すぐに赤ちゃんを希望されているカップルもいらっしゃるでしょう。そのようなカップルにおすすめの、男のブライダルチェックをご紹介しましょう。

男のブライダルチェック【精子精液検査】

男性に受けておいてもらいたいブライダルチェックに、精子精液検査があります。精子精液検査は、採った精液を30分程度置いておき液状化させます。この精液を使って、濃度を調べたり、運動率や奇形の確率、受精能力がどのくらいあるのかを調べることができます。

男性自身が健康体で、何も病気をしておらず、がっしりした体格であれば、精子にも問題がないかというと、そうではないケースもあります。

外見では判断が難しいため、結婚後の赤ちゃんのことを考えて、精子精液検査を受けてみられてはいかがでしょうか。

男のブライダルチェック【糖尿病検査】

糖尿病は他の病気を呼びやすい病気だとされています。また、糖尿病に掛かっているにも関わらず、治療をせずに子作りをすることで、赤ちゃんに先天性異常が出てしまうこともあります。糖尿病における先天性異常の可能性は高いとされているため、詳しい糖尿病検査を実施し、早期治療をしておくことが安心につながるでしょう。

ブライダル検査に前向きな男性であれば良いですが、検査に行くのは気が引けるという男性もいらっしゃいますよね。そんな時は、自宅で抗体を採取して郵送で検査ができる、検査キットを利用する方法があります。

HIVやクラミジアなどの一般的な性病チェックができるキットは、20,000円程度で販売されています。匿名で検査をしてもらうことも可能です。

PR