ブライダルチェックの費用と内容が知りたい! 男女のブライダルチェック費用
332views

ブライダルチェックの費用と内容が知りたい! 男女のブライダルチェック費用

晩婚化が進み、平均出産年齢が高まる近年、ブライダルチェックを受ける方が増えています。結婚前や妊娠を希望するときに行われるブライダルチェック。ブライダルチェックの費用は、どのくらい掛かるのでしょうか?男女のブライダルチェックの費用とその内容について詳しくご紹介します。

将来子どもを望むならブライダルチェックを

ブライダルチェックの費用と内容とは?

結婚の年齢が高まる近年、それに伴い出産年齢も高齢化されます。将来子どもが欲しいと考えているのであれば、ブライダルチェックをしてみてはいかがでしょうか?

ブライダルチェックというと、女性の婦人科検診のイメージがあるかもしれませんが、できればパートナーと一緒に受けておきたいものです。不妊の4割は男性にあるといわれているため、男性のブライダルチェックも大切です。パートナーを誘って、お互いにブライダルチェックをしておくと安心ですよね。

では、ブライダルチェックの費用や内容についてご紹介しましょう。

男女のブライダルチェック内容

【男性のブライダルチェック】

男性のブライダルチェックは泌尿器科や性病科などで受けることができ、問診と精液検査、血液検査などがあります。カップルでブライダルチェックを受けられる産婦人科もあります。

【女性のブライダルチェック】

女性のブライダルチェックは、問診や婦人科系の検診の他、性感染症検査や風疹の検査などがあります。産婦人科や婦人科で健診を行っています。

知りたい!ブライダルチェックの費用

ブライダルチェックの費用

ブライダルチェックの費用は、20,000円~50,000円と、受ける検査項目によって異なります。ブライダルチェックの費用についてご紹介しましょう。

女性のブライダルチェック 20,000円と50,000円の違いは?

ブライダルチェックの費用は、病院やクリニックなどによって異なります。また、どのような検査を受けるのかによって、費用が異なります。ここでは、ある病院のブライダルチェックについて、費用別にご紹介します。

【A病院 20,000円】
・問診
・血圧
・内診
・骨盤のエコーチェック
・子宮頚部細胞診
・貧血検査
・CA125

【A病院 50,000円】
・問診
・婦人科診察
・子宮頸がん細胞診
・超音波検診
・おりもの検査
・性感染症検査
・内科採血(貧血検査、肝機能・腎機能、血糖値、コレステロール、中性脂肪)、
・風疹抗体検査
・骨密度計測

費用が高くなると、性感染症検査や採血をしての検査が増えるようです。
A病院では、20,000円のブライダルチェックを行い、オプションとして下記の検査を受けることもできるようです。

・子宮体がん細胞診
・高精密度子宮頸がん検査
・クラミジア
・淋菌
・女性ホルモン検査
・骨粗鬆症検査

費用は検査によって、3,000円~7,000円と様々です。

自宅でできる簡単ブライダルチェック

産婦人科や泌尿器科などに検診に行くのは、ちょっと敷居が高いと考えている方もいらっしゃることでしょう。そんな方は、自宅にいながら簡単に検査ができる郵送検査を利用する方法があります。

自宅でセルフチェックができるブライダル検査は、インターネットなどで検査キットを購入し、自分でサンプルを採取して郵送します。その後、医療検査機関から検査結果が送られてくる流れです。

ブライダルチェックをしたいけれど、仕事などで病院に行く時間がないという方も、自宅でできるブライダルチェックを利用してみてはいかがでしょうか?

PR