妊娠したい方必見!妊娠前の内科検診・予防接種・しておくと良い婦人科検診のご紹介!
397views

妊娠したい方必見!妊娠前の内科検診・予防接種・しておくと良い婦人科検診のご紹介!

妊娠したい、子供が欲しいと考えている方に妊娠前に知っておいてほしい情報をご紹介します!妊娠のためには母体の健康が一番大切なんです!そのため今、妊娠前の内科検診がとってもすすめられています。また、妊娠前に受けておくと良い予防接種や、婦人科で行われる検診などについてもまとめてみました!

妊娠前の内科検診の重要性!

妊娠前に内科検診を受けることの重要性が言われています!

妊娠前の内科検診

元気な赤ちゃんを産むために必要なものって何でしょう?バランスの良い食事?適度な運動?穏やかな気持ちでいるコト?これらのことは全て赤ちゃんのために重要なことです。

しかし、最も赤ちゃんにとって重要で大切なものというのは妊婦さんが健康な体でずっといるということです。妊娠中は軽い風邪でも簡単に薬を飲むことができませんし、怖い病気にかかってしまうと奇形などの悪影響が起こってしまいます。

このようなことが起きないためには妊娠中の気配りも大切ですが、実は妊娠前の健康チェックも欠かせないんです!今妊娠前の内科検診が勧められています!

妊娠前の内科検診では主に、身体測定、血圧測定、尿検査、性病検査、高血圧、肝炎ウイルス、おたふくなど妊娠中の妊婦さんや赤ちゃんを危険にさらす可能性のある病気を中心に検査を行うことができます。妊娠前に妊娠しにくい体質であることが分かったり、今まで隠れていた病気のことがしれたりなど自分の体の新しい発見につながります。赤ちゃんを作る前に体のチェックをしてみて下さい!

妊娠前に受けておくべき予防接種とは??

妊娠してからじゃ遅い!赤ちゃんに危険を与えないために風疹の予防接種を受けておこう!

妊娠前に受けておくべき予防接種

妊娠前に受けておきたい予防接種はズバリ風疹!他にも子宮頸がんなどの予防接種も大切ですが、一番赤ちゃんに悪影響を与えるもので身近な風疹の予防接種を一刻も早く受けましょう!

妊娠中にかかってしまうととっても怖いのが風疹!風疹に妊婦さんがかかってしまうと、赤ちゃんの目や耳、心臓などに何らかの障害が出る可能性が高まるという報告がされています。特に赤ちゃんの体が作られる妊娠初期の段階でなってしまうととても危険です。

風疹は、子供だけになるものと思われがちで、油断しがちな病気ですが、大人の間でも大流行するほど怖い病気なんです。忘れずに注射打ってくださいね!

妊娠前に受けておくと安心!婦人科検診のススメ!

妊娠前に婦人科で受けられる検診があるらしい・・!!

妊娠前には、自分の体がちゃんと子供を産める体なのかしっかりチェックする必要があります。産婦人科では他の病院ではなかなか検査ができない子宮や、胸の検査を行うのがオススメです。女性特有の病気も発見しやすく、また医師に妊娠のことが相談しやすいという面でもとても良いです!

妊娠前には子宮に筋腫などが無いか、癌になってはいないか、性器の病気に感染していないかなどを検査したり、乳がんになってはいないかなどの検査を行います。

とくに胸や子宮などの女性ホルモンに敏感に反応する部位の病気は妊娠によって女性ホルモンの分泌が促進されると進行が早まることがあるのでこういった事前の検査がとても重要です。

妊娠前には妊娠しやすい体作りに励もう!

妊娠しやすい体作り

妊娠前には病院に行って病気の対策をするだけでなく毎日の生活改善の中で妊娠しやすい体作りや、赤ちゃんがいつできても困らないような健康状態でいることが大切です。

変に神経質になるのは良くないですが、アルコール類やたばこなどは徐々に減らしていったり、軽い運動、規則正しい生活、バランスの良い食事など健康的な生活をなるべく送ることが大切です!お母さんになるという自覚と責任を持って可愛い赤ちゃんを育ててくださいね!

PR