卵巣年齢は止められない!では卵子の老化防止に自分でできる対策とは?
456views

卵巣年齢は止められない!では卵子の老化防止に自分でできる対策とは?

卵子は産まれてからずっと減り続け、質も35歳を境に落ち続けます。一度老化した卵巣を若返らせることは現代の医療では事実上不可能です。それでは、卵子の老化防止だけでもできないものでしょうか。実は自分で気をつけられることもあるのです。

あなたの卵子の年齢は何歳?

卵子の老化

いざ妊娠したいと思ったときに気になるのが卵巣年齢です。女性は年齢を重ねると卵子の数が減り、質も低下してきます。卵子は女性がお母さんのお腹の中にいる妊娠5ヶ月目をピークにどんどん減り続けます。また、20代をピークに、35歳くらいを分岐点として質も落ちてきます。受精しにくくなるだけではなく受精しても発育しなかったり染色体異常のリスクも増えるために流産率も上がります。

一度減ってしまった卵子を増やしたり、低下した卵子の質を向上させることはできません。
そこで気になるのは卵巣年齢です。卵子の残りの数についてはAMHという検査で推測することができます。費用は5,000円から10,000円程度で血液検査のみで調べられます。不妊治療をするならAMHも検査項目に加えておくと今後の進め方の指針となります。

人によって異なる卵子の年齢

卵巣年齢や卵子の質は人によって個人差の大きいものです。AMHをすると過半数の人が実年齢より卵巣年齢が高いのですが、これはAMHを受ける人の多くが不妊に悩んでいるためでしょう。
検査をせずに卵巣年齢がわかるのは、その人の閉経が早いか遅いかになります。閉経は平均的な分布内でも早い人で45歳くらい、遅い人では55歳近くになりますからその差は大きいのです。

ただ、あらかじめ閉経年齢を推測するのは難しいものです。よく言われるのが遺伝的要素ですが、たしかに卵巣年齢も遺伝はしますが、母親の卵巣年齢がそのまま娘に伝わるとは限りません。また、初潮年齢が早いと閉経が早いというのは間違いです。実際には初潮年齢と閉経年齢には相関関係はありません。

卵子の老化防止にできることはない?

卵子の老化防止には冷凍保存

現在卵子の老化防止として最も確実なのは卵子の凍結保存です。年齢の若いうちに採卵してマイナス196度で凍結保存します。
ただし、卵子凍結はハードルの高いものです。費用も高いですし、採卵に伴う苦痛や手間は否定できません。技術的には現代の医療では難しいものではないのですが、実施はあまり進んでいないのが現状です。

自分でできる卵子の老化防止は

卵子を老化させるのはタバコ

卵子の老化防止には禁煙

現在はっきりわかっている卵巣年齢の老化に関わるリスクファクターは喫煙です。タバコをやめること、受動喫煙もなるべく避けることが唯一結果のはっきりしている卵子の老化防止といえます。

卵子の老化を予防する生活習慣

卵子の老化防止には肥満と痩せすぎはダメ

卵巣年齢や閉経が早く来てしまう早発閉経について多くは解明されていません。
しかし、近年年齢以上に卵巣年齢が高い女性や早発閉経の患者が増加しています。そこで、卵巣が老化する原因についてさまざまな仮説が立てられています。

相関関係が指摘されているのは肥満と痩せすぎです。若い女性のダイエットのし過ぎが良くないことは知られていますが、実は肥満はより高いリスクなのです。適切な体重を保ちましょう。

卵巣年齢が高い女性はビタミンDが不足しがちであることも言われています。美白のために紫外線を避けている女性は要注意です。人は日光浴によってビタミンDを生成しているのです。日焼けが始まる時間より充分なビタミンDが精製できる時間のほうが短いので、心配せずに短時間の日光浴をしましょう。

また、卵巣年齢の高い女性は筋肉量が少ないそうです。ただし、激しいトレーニングを続けるアスリートも月経のトラブル等が多い傾向があります。適度な運動は卵子の老化防止に役立つかもしれません。

PR