高齢でも赤ちゃんをあきらめる必要はありません!卵子の若返りは食事で若返られる!
1,338views

高齢でも赤ちゃんをあきらめる必要はありません!卵子の若返りは食事で若返られる!

卵子の若返りは不可能と思われていましたが、老化を予防する方法があります。それは身体が健康になること、卵巣を元気にすることです。食生活にも気をつかうことで、卵子を若返らせることができます。またイースタティックミネラルというミネラルを摂取すれば、卵子の若返りを実現化させることができます。

卵子は生まれた瞬間から老化が始まっているのです!

卵子の若返りをする方法

卵子の老化は生まれた瞬間から、老化が始まっています。正確にいえば、卵子が最も活発な時期はママのお腹の中にいる頃、妊娠6カ月目の時期です。

なんと妊娠6カ月目の時期には、卵子の数は700万個もあるのですが、それが生まれた瞬間には、200万個まで減ります。成長のたびに、卵子の数はどんどん減っていき、13歳で初潮を迎える頃には、5万から10万個まで数が減ります。

そして40歳になるころには、卵子の数は1万個まで激減します。卵子の老化は卵子の数が減るだけではありません。卵子の質も落ちるため、染色体の異常なども発生するため、せっかく受精しても、受精卵がうまく育たなかったり、障害のある子供が生まれてしまう可能性も高まってしまうのです。

妊娠したいのならできるだけ若いうちが有利ですが。

健康な赤ちゃんを産むには、できるだけ若いうちに、二十代ぐらいに妊娠するのがベストですが、現代は女性も高学歴となり、二十代は学業や就職にとっても忙しく充実した毎日を過ごしていることでしょう。結婚がどうしても遅くなってしまうと、妊娠する時期も当然遅くなってしまいます。そこで若いうちから将来子供を授かったときのために、卵子のアンチエイジングをはじめましょう。

卵子の若返りには卵子のアンチエイジング対策を!

卵子の若返りには体を温めること

卵子の若返りを目指すのであれば、常に子宮や卵巣の健康を考えなければなりません。特に卵巣が活発化されると、卵子の質も向上し、女性ホルモンの分泌もよくなるため、美容面や健康面でも恩恵を受けることができます。美容面では、肌の調子や髪の質がよくなります。
健康面では、月経が規則正しく来ることや、月経痛などの痛みなどが軽減し、日常生活を快適に送ることができます。ホルモンの分泌をよくしたり、卵巣を元気にするには、とにかく身体を温めることが大切です。毎日必ず湯船に浸かり温まったり、ウォーキングなどの軽い運動を続けましょう。

卵子の若返りは食事から!

卵子の若返りには食事

 

卵子の若返りは妊娠したい!と思った時に始めるのではなく、若いうちから常に食生活に気を使う必要があります。タンパク質や鉄分、アボカドやナッツなどのビタミンEを含む食品が卵子の若返りに効果があると言われています。
特にビタミンEは抗酸化作用があるため、細胞の老化を防止する効果や、ホルモンのバランスを整えてくれる効果があります。ビタミンEは卵やアボカド、アーモンドなどに含まれています。

卵子の老化はミトコンドリアの量で決まる!

卵子の老化はミトコンドリアの量で決定されることが最近解ってきました。ミトコンドリアの量が多く、活発化されている卵子の方が受精力も強く、健康な赤ちゃんを産むことができます。若いうちはミトコンドリアの量も多く、元気なのですが、年を重ねるとともに、ミトコンドリアの量は減ってしまい、元気もなくなってしまうのです。

科学雑誌に紹介されたイースタティックミネラルとは?

卵子の老化は加齢のせいだと諦める必要はありません。ある科学雑誌では、卵子の老化を食い止めることができるイースタティックミネラルという成分についての研究結果が発表されました。この研究によれば、このミネラルを服用するだけで、卵子や精子の中にあるミトコンドリアの数を増やし、活発化させることができるのです。

現在は夢のミネラルではなく、誰もが手に届く場所にあります。日本でも薬局で一般販売されているので、子供が欲しいという方は是非試してみてはいかがでしょうか。

PR