妊活中の女性の皆さんへ朗報!人工授精で着床させるとっておきの秘訣を教えます!!
1,211views

妊活中の女性の皆さんへ朗報!人工授精で着床させるとっておきの秘訣を教えます!!

不妊治療などでよく用いられる方法に「人工授精」があります。妊活中の皆さんにとって、「人工授精」は身近な妊活方法ではないでしょうか。ここでは、妊活中の皆さんが知りたい「人工授精で着床させる秘訣」を紹介します。普段の生活を少し見直すだけで着床率が高くなるので、必見ですよ。

人工授精って何??

人工授精とは、精子を子宮内に人工的に入れ込む行為のことを言い、精子を注入した後の流れは、自然分娩の時と同じ流れで妊娠します。従って、子宮内に精子を人工的に注入しても、受精しないこともあるので、必ず妊娠するとは言いきることができません。

着床時期は、自然分娩と同じように、人工授精が行われてから約7~11日後になります。約1~3日間で精子と卵子がであって受精卵になり、約7~10日間かけて子宮に移動し着床します。ただし、着床したらすぐに判定できる訳ではなく、着床後にhcgホルモンが急上昇してから、妊娠検査薬で判定できるようになります。

人工授精はリスクが少ないがデメリットもある!

人工授精のメリットデメリット

人工授精は、精子を注入後、自然分娩と同じ流れなので、副作用もなく、リスクも少ないです。しかし、100%妊娠できるというものでもありません。また、費用も高額です。人工授精を行う場合は、メリットデメリットをしっかり判断して実行するかどうかを決めましょうね。

人工授精で着床させる秘訣

せっかく高額なお金を払って人工授精を行うのですから、1度で成功させたいですよね。
実は、人工授精で着床させるためには、普段の生活で少し注意してほしいことがあります。ここからは、その注意してもらいたいことを具体的に紹介します!!

体を温めよう!

人工授精を着床させるための秘訣

体を冷やすと、子宮や卵子はもちろん、様々な体の機能が低下します。また、体が冷えるとホルモンバランスが崩れ、卵巣や子宮の働きが悪くなり、着床もしにくくなります。従って、日頃から体を冷やさないように、特に腰やお腹周りを温め、飲み物や食べ物もできるだけ温かい物を摂取するようにしましょう。

ストレスフリーな生活を!!

人工授精を着床させるための生活習慣

ストレスは体の様々なところに影響を及ぼすので、妊娠に必要なホルモン分泌が妨げられてしまう可能性があります。従って、良い香りの入浴剤を使ったお風呂でリラックスしたり、アロマオイルやハーブティで気分転換をしてストレスを溜めないように日頃から注意しましょう。

上質な睡眠を取る!!

ホルモン分泌に上質な睡眠は不可欠です。睡眠が不十分だったり良質な睡眠がとれていないと、ホルモン分泌が行われず、妊娠力が下がります。
質の良い睡眠は、22時~2時頃の間に睡眠を得て、1日7時間程度は眠りましょう。

バランスの良い食事を!!

1日3食を基本にし、できるだけ朝昼夜と時間帯も規則正しく取りましょう。健康的な食生活を送ると、妊娠しやすい体ができますし、生まれてくる赤ちゃんも健康に育ちますよ。

卵子と精子、子宮の状態を良くすることも大切

普段の生活習慣を少し変えるだけでなく、卵子や精子、子宮の状態を良くすることも大切です。

人工授精を着床させるための心得

卵子や精子の状態を良くするには、カリウムが必要です。カリウムは、リンゴや干しブドウ、アボガド、パセリ、切り干し大根、ニンニクなどに含まれているので、積極的にこのような食材を取るようにしましょう。
また、子宮環境を良くするには、ジョギングや柔軟など軽い運動をして、血液の流れを良くするようにしましょう。そうすることによって、人工授精の成功率も高まりますよ。

PR