カラダとココロのサインを読み取ろう!「基礎体温の低温期が高いときに気をつけたいこと」
41,122views

カラダとココロのサインを読み取ろう!「基礎体温の低温期が高いときに気をつけたいこと」

基礎体温を計測していますか?基礎体温からはあなた自身も気が付かないようなカラダとココロからのサインを受け取ることができます。計測してみて、基礎体温の低温期が高いなと感じたことはありませんか?それにはちゃんとした原因があります。原因と改善方法について調べてみました。

「基礎体温」ってなに?

生命を維持するために必要最小限のエネルギーしか使用していないときの体温のこと

基礎体温の低温期が高い

実際にはこのような時の体温を計ることはできないので、一般的には朝おきてすぐ体を起こす前の安静にした状態で計測された体温のことを「基礎体温」と呼んでいます。

基礎体温を計るなら、眠る前に近くに体温計を用意しておくようにしておきたいですね。

「基礎体温」を計測することでなにがわかるの?

カラダとココロからのサインを伝えてくれる

基礎体温の低温期が高い影響

基礎体温を計測することで女性ホルモンの動きなどの体をコントロールしている様子を読み取ることができます。計測を続けていると体温が高い時期(高温期)と低い時期(低温期)があることがわかり、この高温期と低温期の間に排卵が起こるとされているので、排卵する時期を知ることもできます。

高温期・低温期といっても、それほど極端に体温に差があるわけではありません。コンマ1桁か2桁のレベルでの違いなので、体温計も基礎体温を計るのに向いているものを選ぶ方が計測しやすいです。人によって若干の誤差はありますが、2週間ほど低温期が続いた後に排卵期、そしてさらに2週間の高温期を経て生理が始まる、というのが一般的です。

基礎体温からはカラダのバランスを把握することができるので健康状態のチェックだけではなくダイエットなどの美容面にも有効な情報を得ることができるのです。

低温期の体温が高めなんだけど、どんな影響がある?

低温期の体温は一般的には36.2度~36.4度と言われています。しかし、基礎体温を計測してみたら、低温期の体温が高めだったというケースがあります。ただし、基礎体温は人によってそれぞれ違うので、低温期も一概には言えません。低温期の体温が高くても、同様に高温期も高めで、ちゃんと低温期と高温期がキレイに分かれていれば問題がない場合もあります。

低温期が高めなときに気をつけたいのは・・・

基礎体温の低温期が高い場合、鉄不足の貧血などが疑われます。また、低温期は卵胞が育つ時期なので、この時期に体温が高いと卵子の質に影響する、という説もあります。不安なときは計測した基礎体温のデータを持って医師の診断を仰ぐようにしましょう。妊娠を希望しているのであれば、尚更早めに受診しておきたいですね。

どうして低温期の体温が高くなる?

低温期の体温が高くなってしまうのにはいろいろな原因があります。

ストレス

基礎体温の低温期が高いのはストレス

ストレスを溜め込んでしまっていませんか?リラックスできる趣味などを見つけて上手に気分転換をしましょう。ストレスがあるという自覚症状がなくても、体はストレスがたまっていることを訴えているのかもしれませんよ。

暴飲暴食

基礎体温の低温期が高いのは暴飲暴食が原因

暴飲暴食を繰り返していませんか?胃腸を弱らせてしまう原因にもなります。ストレスをためるなどしてイライラすると体温があがってしまうんです。確かに、私もイライラしたときはなんだか顔がカーッとしているのを感じることがあります・・・きっと体温上がってるんでしょうね(笑)

睡眠不足

基礎体温の低温期が高いのは睡眠不足が原因

不規則な生活で睡眠不足になっていませんか?きちんと体を休めることができないと、疲れも抜けません。

夜は12時までに就寝、食事は鉄分・たんぱく質を意識したバランスの良いものにする。湯たんぽや腹巻などで体を冷やさないようにするといったことに気をつけることで基礎体温の低温期が高いという現象を改善できることがあります。

PR