今からでもまだ間に合います!40代から妊娠しやすい体を作るには?
91views

今からでもまだ間に合います!40代から妊娠しやすい体を作るには?

40代から妊娠しやすい体を作るには、健康体であることが必要です。栄養をしっかり取り、睡眠も十分に取りましょう。身体が冷えていると妊娠しにくくなるので、冷え体質を改善しましょう。また太り過ぎていると妊娠しにくいため、標準体重に近づけましょう。

40代から妊娠しやすい体を作るには

まず健康体であることが基本です

ffb40b71afd25607e110d995a99e7323_s 女性 食べる 食事 ダイエット

40代から妊娠しやすい体を作るには、身体の状態が健康でなければなりません。

不健康な状態だと、妊娠しにくいため、十分な栄養を取り、睡眠を取ることが大切です。赤ちゃんを妊娠し、お腹の中で十カ月もの間育てていくには、相当な体力も必要になります。

妊娠する前の栄養状態によって、お腹の中の赤ちゃんの状態や出産後の健康状態にも大きな影響を及ぼします。ダイエットを繰り返している栄養不足の女性の場合、早産や切迫早産になる危険性が高まります。

また低体重児を出産するリスクも増します。低体重で生まれてきた赤ちゃんは、生活習慣病になりやすく、将来肥満になりやすい傾向があります。

標準体重に近づけましょう

標準体重に近づけましょう

40代から妊娠しやすい体を作るには、太り過ぎていても痩せすぎていても妊娠しにくくなってしまいます。できるだけ標準体重に近づけると妊娠しやすい身体になります。

40代の妊娠は奇跡に近いことを忘れないで!

妊娠率がグッと下がります

妊娠率がグッと下がります

自然妊娠できる可能性が40代になるとグッと下がります。なんと5%の確率しかなく、また妊娠することができたとしても、流産率も高まります。せっかく妊娠できても、半分の確率で流産してしまうので、40代の妊娠はまさに奇跡的だといえるでしょう。

不妊治療も考えて!

どうしても子供が欲しいのなら考えてみても

どうしても子供が欲しいのなら考えてみても

40代で自然妊娠をすることはまさに奇跡です。自分の卵子もパートナーの精子も老化していく一方なので、期限は迫ってきています。どうしても子供が欲しいと思うのであれば、不妊治療も視野に入れて考えてみてはいかがでしょうか。

身体を温めると妊娠しやすくなります

身体が冷えていると妊娠しにくくなる傾向があります。そのため、毎日身体を冷やさないように温めておく必要があります。靴下を重ね履きしたり、腹巻をする、ヒートテックの肌着を身につけるなど身体を常に温める工夫をしましょう。

毎日湯船に浸かり血流をよくしましょう

血流がよくないと妊娠しにくくなりますので、身体の血流を良くするように毎日湯船につかりましょう。半身浴を行うと、全身の血流もよくなり、身体も温まりますので、妊娠しやすい身体を作ることができます。

妊娠しやすい日は6日しかありません

妊娠しやすい日は6日しかありません

妊娠するためには、タイミング療法を行いましょう。一か月のうち、妊娠ができる日は排卵日前の6日間のみです。この期間を狙えば妊娠しやすくなります。

男性は5日以上禁欲しないこと

精子の質を向上させるには、男性は5日以上禁欲しないようにすることが大切です。禁欲期間が長くなると、精子の質が落ちます。古い精子が増えるため、妊娠しにくくなります。

病院で指導を受けると妊娠率が高くなります

病院で検査をしてもらってからタイミング指導を行ってもらうと、妊娠率が高くなります。病院では、さまざまな検査を行い、排卵日などもしっかり教えてくれるため、妊娠しやすい日を予測することができるので、より妊娠に近づけることができます。

毎日リラックスして過ごすことも大切です

妊娠するには、毎日リラックスして過ごすことが大切です。

ストレスが溜まっている状態だと、妊娠しにくくなります。また卵子の状態も悪くなってしまうため、せっかく妊娠出来ても流産してしまう可能性もあります。

リラックスしてのんびりした状態だと、妊娠しやすくなります。不妊についてあまり神経質に考えてしまうと妊娠しにくくなるので、注意しましょう。

PR