妊活ヨガで妊娠出来るかも!?赤ちゃんが欲しい方は試してみて!
35views

妊活ヨガで妊娠出来るかも!?赤ちゃんが欲しい方は試してみて!

赤ちゃんが欲しいけれど、なかなか妊娠することが出来ない方は妊活ヨガを試してみましょう。妊活ヨガを行うことによって、精神的にリラックスをすることが出来ます。ストレスがなくなることによってより妊娠しやすくなります。また自律神経の働きが活発化され女性ホルモンの働きもよくなるため、より妊娠しやすくなります。

妊活ヨガで妊娠も夢ではない?

何故、妊活ヨガで妊娠することが出来るの?

yoga

yoga / k4dordy https://www.flickr.com/photos/8593364@N06/3190214572/

妊活ヨガで妊娠しやすい身体を目指しましょう。

妊活とヨガはあまりイメージが結びつかない方もいるのではないでしょうか。ヨガは、心を落ち着かせ、精神的にリラックスさせる効果があります。

また自律神経の働きを活発化させてくれる働きがあるため、女性ホルモンの働きを活発化させてくれる効果があるのです。女性ホルモンの働きがよくなると、妊娠しやすくなるため、なかなか妊娠出来ずに悩んでいる方は、試しに妊活ヨガを始めてみてはいかがでしょうか。

妊活ヨガはこんな方におすすめです

股関節が硬い方!

不妊症の方の多くが、股関節が硬い傾向があります。

股関節周辺には、子宮など、女性ホルモンと直接関わる器官が存在しています。そのため、股関節が硬いとホルモンのバランスが崩れやすくなってしまうため、妊娠しにくくなります。

また股関節や股関節周囲の筋肉が硬いと、血流やリンパの流れも悪くなり、妊娠しにくくなってしまうのです。

ストレスを抱えている方

ストレスを抱えている方

妊娠したいのなら、ストレスは大敵です。妊活中は不安や焦りなどが出てきてしまいます。

妊活ヨガをすることによって、気持ちにゆとりが出てくるようになるため、妊娠しやすくなります。

妊娠しやすいポーズとは?

バッダコーナアサナのポーズ

バッダコーナアサナのポーズ

butterfly-yoga-fertility-synergybyjasmine / Synergy by Jasmine https://www.flickr.com/photos/synergybyjasmine/6808408931/

このポーズは股関節を柔らかくしてくれる効果があります。

まず最初に、両膝を曲げながら床に座りましょう。息を吐きながら、両膝を左右に広げて、床に近づけながら、足の裏を合わせます。息を吸いながら、両足を手前に軽く引き寄せて、背筋を伸ばしながら5秒ほど深呼吸をします。

余裕がある方は、この後、前屈してみましょう。

椅子のポーズ

椅子のポーズ

このポーズは、子宮や骨盤周りの筋肉が鍛えられるので、血流がアップし、冷えも解消でき、妊娠しやすくなります。

まず、両手を肩の高さまで上げて、息を吐きます。息を吐きながら、膝を曲げていき、出来るだけ太ももを床と並行にさせていきます。腰を落とした状態で、息を吸いながら、胸を引き上げ、目線は前方を見つめます。

息をゆっくり吐きながら、この状態を30秒ほど保ちます。息を吸いながら、両膝を真っ直ぐに伸ばします。次に息を吐きながら両腕を脇に下ろし、足を伸ばして立ちます。

ちょっときつめで苦しいポーズですが、全身の筋肉を鍛える効果もありますので、不妊に効果絶大です。

猫のポーズ

猫のポーズ

猫のポーズは身体を温めてくれる効果や、血行をよくしてくれる効果がありますので、子宮や骨盤周辺の筋肉が温めるため、妊娠しやすい身体になります。

まず、両膝、両手を床につけ、四つん這いの状態になります。両腕と肘は肩幅に開きましょう。目線は床に向け、この状態で息を吐きながら、背中を丸めていきます。

次にお腹を凹ませ、頭を両腕の間に沈めて、自然呼吸をします。次に息を吐きながら背中を反らせて、頭を上に持ち上げ、胸を張ります。

自然に呼吸をしながら30秒ほど自然呼吸します。同じように背中を丸め、反らせるポーズを数回繰り返しましょう。

排卵日前後に試してみましょう

妊活ヨガを行うのなら、排卵日前後を狙って、行いましょう。

排卵日に妊活ヨガを行えば、身体が温まり、妊娠の可能性が高まります。

PR